にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:27.

パスワードまで送ってこないで!

自分のアカウントを作成して利用するサービスは山ほどあります。
たいていは、作成したIDと対になるパスワードを自分で設定します。
このパスワードを、親切にもメールで送って来やがるサービスがそこそこあるので困ります…。

ソフトウェアのダウンロードサイト大手「Vector」で、過去に自分がダウンロードしたソフトウェアがバージョンアップされたらメールで知らせてくれるサービスがあります。
以前は、「MyVector」という名称のサービスだったんですが、なんか機能UPしたか何かで、「Vアップ通知」という名称に変わりました。

んで、それを利用するためには、「Vectorパスポート」というサービスにアカウントを作成する必要があります。名前からして、「Microsoft Passport」みたいに、自社サービスをすべてこの1つのアカウントで利用できるようにするのでしょう。
まあ、それはそれで構わんので、とりあえずアカウントを作成しました。

…ら。

最後の画面で、「登録されたメールアドレスにIDとパスワードをお送りしました」って…。

IDはともかく、パスワードまで記載して送ってくんじゃねえっ!(^^;;;

パスワードというのは、漏れては困る文字列なんだから、どこにも記載しちゃダメです。メールは、暗号化されてない限り、読もうと思えば誰でも読めるんだし。そんなとこにパスワード書いちゃダメでしょう。

まあ、こういうサービス多いけどね。別にVectorに限らず、パスワードも送ってくるとこはたくさんあります…。
たぶん、パスワードを忘れたという問い合わせが多いための対策なんだろうけど。
申請があるたびにパスワードをリセットして登録アドレスにメールを送るとかいう仕組みくらい、自動化すれば別にサポートの負担は増えないと思うのですが。

あと、Vectorさん、「Vectorパスポート」のアカウント作成時に、住所まで必須入力項目に設定するのはどうかと思います。^^;;;
この入力欄を見て、アカウントの作成をやめた人って結構居るんじゃないかなあ。
私はとりあえず、大学院の住所を入力しました。^^; (別に間違いではない。郵便物もちゃんと私に届くし。)

# 架空の住所でもきっと登録は可能でしょうが。^^;;;

コメント

今はどうか知りませんが、郵便振込みもあるから、住所が必要だったんでしょうね。

パスワードに関しては、「仮パスワード発行&アクティベーションURL発行」->「アクティベーションURLでパスワード変更でアクティブ」という方式のほうがいいと思うんですけどね。
もっと言えば、IDすら表記しない。
さすがにそれは困るか(--)

投稿者 宣伝中止! : 2006年01月11日 15:10

住所が必要になるサービスがあったとしても、「必要になったときに入力を求める」スタイルにした方がいいと思います。^^;
とりあえず、メールでの通知サービスを利用するためには、最低限必要な情報はメールアドレスだけのはずですから…。

仮パスワード発行は望ましいですね。
Vectorも、登録専用URLを生成してメールで送っては来るんですけどねー…。^^;;;
最後にパスワードまで送って来ちゃいました。^^;;;

投稿者 にしし : 2006年01月12日 11:38

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---