にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:23.

Trackfeedの報告がTrackwordでいっぱい…(^^;)

このブログでは、検索サイトからどんなキーワードで検索して飛んできてくれたのかを(RSSで)知らせてくれる「Trackword」というサービスと、どんなリンク元から飛んできてくれたのかを(RSSで)知らせてくれる「Trackfeed」というサービスを使っています。どちらも同じ会社のサービスです。

最近、Trackwordユーザがかなり増加してきたのが原因か、それとも他に原因があるのか分かりませんが、「Trackfeed」で配信されてくるリンク元情報が、「Trackword」経由のアクセスばっかりになってます…。^^;;;

どういうことかというと...

「Trackword」は、ただ検索サイトからの検索語を教えてくれるだけでなく、「そのキーワードで検索された他のブログ」の存在も教えてくれます。そのブログがどこなのかは、Trackwordの集計ページにアクセスすると分かります。そこから、各ブログにリンクされているので、実際にアクセスしてみることもできます。

例えば、私が書いた「東芝HDDレコーダ「RD-H1」値下げ、「RD-H2」発表」というエントリは、このページにあるTrackwordのカコミを見ると、「東芝 DVD レコーダ」という検索語で検索されていることが分かります。

で、そのリンクをクリックすると、Trackwordの集計ページに飛べます。
ここから、同じ、もしくは似たような検索語で検索されているブログを知ることができ、さらにリンクを伝ってアクセスすることもできます。

つまり、Trackwordの集計ページは、たくさんのブログへリンクを張っていることになるわけです。(たくさんのブログから張られていることにもなるんですけど)

で、今度は「Trackfeed」の話ですが、Trackfeedは、「どこからリンクされているか?」を教えてくれるサービスです。(^^;;;
もう分かったと思いますが、「Trackfeed」が報告してくれる「リンク元」が、Trackwordの集計ページばっかりになってるんですよね…。^^;;;

もちろん、全部がそうというわけではないんですけど、80%くらいそうな気がします。^^;;;

それはそれで、Trackword経由で、人々がどんなキーワードに興味を持ってるのか知る指標になるかも知れませんけど、Trackword経由のアクセスを除外する版のRSSも提供して欲しいな、と思ったり。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

このリストは、次のエントリーを参照しています: Trackfeedの報告がTrackwordでいっぱい…(^^;):

» Trackword導入 from UNTITLED
どんなキーワードで検索されてこのブログに来ているのかを調べるSEO対策ツールの Trackwordを導入しました。 http://www.nishishi.c...

トラックバック時刻: 2008年06月17日 17:20

--- 当サイト内を検索 ---