にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:05.

教員PCからWinny経由で児童700人の個人情報流出

小学校教員の個人PCに格納されていた児童700人分の個人データ(氏名・住所・生年月日・父母の氏名・電話番号など)が流出したらしいです。しかも、その経路は、教員のPCにインストールされたWinnyから…。一体何のファイルを交換してたんだか…。

児童700人分の情報ネットに流出 宮城、教員のPC(@asahi.com)

40代の男性教諭が名簿を修正するため、03年春、データを自宅に持ち帰ってパソコンに保存。今年1月末にファイル交換ソフト「ウィニー」を使用した際にウイルスに感染し、データが流出したという。

そんなに大量の個人情報を保存したPCで、Winnyを使ってファイル交換してたという点が救いがたいですね…。どんなファイルを交換する目的でWinnyを導入してたのか知りませんが…。

いくら連絡網を作るのをやめても、こんなITリテラシーの低い教員が居る限り、個人情報は漏れるよな…。

そういえば、うちの研究室でも2~3年前に名簿を作ってたんですよね。いや、今でも作ってるのかも知れないけど。2~3年前の名簿ファイルは私のPCにもあります。これには、所属学生の氏名・住所・メールアドレス・電話番号・就職先or進学先が記されています…。
このファイルが、もしWinnyがインストールされてる学生のPCに渡ったら大変だな…。^^;;;

今のところ名簿を利用した被害は報告されていないという。

…と記事にあるのですけど、「被害が報告されてない」から問題がなかったというわけではないですよね。

その名簿にしか存在しないユニークな情報があって、その情報が使われた!…という場合でない限り、その名簿が原因かどうかなんて分かるわけないし。自宅に迷惑電話がかかってきたって、名簿が漏れたのが原因なのかどうかは特定できないもんねえ。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---