にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:05.

中国の漢字ベースドメインはセカンドレベルドメインだったようだ

3月2日のCNET Japanの記事で、「中国、漢字ベースの独自ドメインを作成--専門家はインターネットの分裂を懸念」というのがありました。

中国が独自のルートサーバを立ち上げて、漢字ベースのトップレベルドメインを作る!みたいな感じの記事でした。こういう事態の可能性は、以前から言われてた気がします。だから、「ああ、とうとうやったか!」と思ったんですけど、どうやらそれは間違いだったようで、別に新しいトップレベルドメインをぶち挙げたわけではないようです。

CNET Japanの記事にはなってませんが、CNET Japan スタッフBlogで、昨日「ICANNとCNNIC、中国の独自ドメイン報道を否定」というエントリが投稿されてました。

中国のNICの発表に寄ると、独自のルートサーバを立ち上げるような意図はなく、報道は誤りだとか。漢字をベースにした、一見トップレベルドメインに見えるドメインを運用してはいるものの、それは、(世界の)インターネットから見れば、.cnドメイン下にある(セカンドレベル)ドメインになっているのだとか。

詳しい話は書かれてないのですけど、つまり、例えば漢字ドメインが「.穂気」だったとすると、「hogehoge.穂気」でアクセス可能なウェブサイトというのは、実は、「hogehoge.穂気.cn」というドメインだ、ということなんですかね?

まあとりあえず、インターネットが、「World Internet」と「China Internet」に分裂するとか、そういうわけではなかったようです。^^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---