にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:53.

スタイルシートのclass名の意味とか

HTMLタグにはclass属性を使ってクラス名を指定することができます。
このclass属性を使うと、特定の箇所にスタイルを適用する(=デザインを施す)ことができます。

このclass属性というのは、クラス(分類)を示すために用意されたもので、別にスタイルシートのためだけに存在しているわけではありません。事実上、class属性の値を使ってるのはスタイルシートくらいしかないので、スタイルシートのためにあるといっても、まあおかしくはないのですが。

クラス名は、「今は特にスタイルを適用するつもりはないけど将来適用したくなるときに備えて」名称を付けておく…ということがあります。また、「将来もたぶんスタイルは適用しないけど、分類(役割)を示すためだけに」名前を付けておく…ということもあります。(それが本来の用途か^^;)

だから、「 class="comment" 」とかクラス名が付加されているからといって、必ずしもそこに何らかのスタイルが指定されているとは限らないのですよね。

HTMLソースを解読することで、そこで使われてるテクニックを調べよう…としてる初心者の方々の場合、そんなクラス名で煮詰まることもあるようです。
何か特殊なデザインでも施されてそうな(^^;)名称のクラスがあって、それに対するスタイルシート上の記述がない場合、「これは一体なんだ!?」と思ったりすることもあるようで。

「クラス名」と実際に施される「デザイン内容」とは無関係なので、クラス名に「blue」とあるからといって、そのクラスが必ずしも青色で表示されるとは限らんのですよね。もしかしたら赤色で表示されるかも知れないわけです。^^;

# そもそもクラス名に、実際のデザイン内容を示す単語を使うのは望ましくないと思います。
# まあそこまで語り出すと長くなるので省略しますが。^^;
# その話はここら辺に書いてるのでよかったらどうぞ。^^;

スタイルシート(というかclass属性)には、標準で特殊な意味を持つ予約語(キーワード)のようなものはありません。
だから、HTML中にclass属性が使われていて、そのclass名に対するスタイルが(外部スタイルシートも含めて)スタイルシート中に記述されていなければ、そのclass名は、単に分類を示すためだけに書かれたものだと考えられます。

# もちろん、「以前はスタイルが適用されてたけど今は使ってない」とかそんな理由もあるでしょうが。^^;

というわけで、class属性の値は、そこで使われてるテクニックを調べるときの参考になるときもあればならないときもあるので(^^;)、あんまり名称の意味を深く考えない方がいいと思います。

# HTMLを記述する側は、考えてclass属性の値を付けた方がいいと思いますけど。^^;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---