にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:37.

正しいメールアドレスを掲載しつつ収集されるのを防ぐ方法

Web上にメールアドレスをそのまんま記述しておけば、そのうちスパムメール送信先メールアドレス収集プログラムによって発見されて、スパムメールが届くようになります。Web上というのは、何もHTMLだけでなく、ただのテキストファイルにメールアドレスを記述している場合でも同じです。(経験済み^^;)
とにかく、メールアドレスをそのまま記述するのは避けた方がいいでしょう。

しかし。

メールでの連絡が欲しいと思う場合、メールアドレスを知らせる必要があります。メール送信フォームを用意しておくという手もありますが、使い慣れたメーラを使える方が(メールを送る側にとって)便利でしょう。

というわけで、アットマーク「@」だけを画像にするとか、アットマークに該当する箇所だけ「☆」などの記号に変えるとかの方法がよく使われてます。アットマークが必要なことは誰でも知ってるし、アットマークをキーボードから入力するのは容易なので、そこだけ画像などにしておいても、大した手間をかけることなくメールアドレスを伝えられます。

※メールアドレス全体を画像化しちゃうと、コピー&ペーストができなくなるので、スペルミスが起こる可能性が高くなります。また、読み上げソフトなどでの読み上げも不可能になるでしょう。

そんな中、アットマーク「@」も含めてそのまま正しいメールアドレスを掲載しておけるなかなか面白い収集ブロック方法が紹介されてました。

HTMLタグを使ったメールアドレス隠し(@迷惑メール対策)

メールアドレスの途中に、視覚的に特に影響のないHTMLタグを記述しておけばよいというもの。
確かに、メールアドレス収集プログラムはソース中の文字列を走査するだけだから、ブラウザ上でどう見えるかは関係なく、ただ順番にしか文字を読んでいかない可能性が高いですよね。

メール: hogehoge@example.com

と書くのではなく、視覚的に特に影響しないspan要素を使って、

メール: hoge<span>hoge@</span>example.com

…のように書いてやると、ブラウザ上では問題なく正しいメールアドレスが表示されるものの、ソース上ではメールアドレスの途中に余計な文字列が含まれているので、収集されない(…か、もしくは収集されても自分には届かない)ということになりそうですね。

a要素のhref属性中に他のタグを含めることはできませんから、「クリックするとメーラが立ち上がる」というようにはできませんが、少なくとも「そのままコピー&ペーストすれば送れるメールアドレス」を掲載することはできます。

うまい方法ですね。
なかなかいいアイデアかも。

次のように、HTMLのコメントを含めるのでもいいかも知れません。

メール: hoge<!-- ABC -->hoge@<!-- AAA -->example.com

…のような感じで。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---