にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:26.

リンクを制限したいが非公開にまではしたくない場合

先月末にAll Aboutで、「リンクを歓迎できていますか?」という記事を書きました。内容は、Webサイトのアクセス数を向上させたいなら、リンクの方法について一切制約を課さないでおくべきだというもの。SEO系の解説サイトや書籍でもよく言われてるんじゃないかと思います。

この記事が前提としているのは、Web製作者が「アクセス向上を望んでいる」というもの。アクセス向上を望んでいなかったり、特定の人々だけに閲覧させたいWebに対しては、あまり関係のない話です。

で、ネット上でこの記事の反応をいろいろ眺めていましたら、Webサイトによっては、「トップページへのリンクに限定したいが、非公開にはしたくない。」という要望もあるようなことが分かりました。

詳しくは読んでないんですが、イラスト掲載が中心のWebなんかでは、できるだけ最初の説明を読んで欲しいと思ったり、画像に直接リンクを張られたりするのは避けたいようです。
アクセス数を増やしたくないわけではないものの、途中のページや画像そのものに直接リンクは張って欲しくないと。

例えば、18禁っぽいイラストも掲載している場合、そのページへの直接リンクは避けて欲しいと思うでしょう。また、イラスト(画像)ファイル自体がコンテンツになり得る場合、「戻る」リンクなどが一切提供できない「画像ファイルそのものへのリンク」は避けたいでしょうね。

なるほど。「アクセス数は増やしたいんだけど、リンクにある程度の制約を課したい。」という場合もあるということが分かりました。

その場合、やはり、技術的にリンクに制約を設けるしかないでしょうね。
画像への直接リンクを防ぎたい場合は、画像だけ専用のディレクトリに格納しておいて、そこへのアクセスに.htaccessファイルを使ってリファラーをチェックする制限をかける方法が考えられます。また、途中のページ(HTMLファイル)へのリンクを防ぎたい場合は、BASIC認証を使う方法もあるでしょう。

BASIC認証を使えば、認証の対象になっているディレクトリへアクセスする際にIDとパスワードの入力を求められます。ただ、URL自体にIDとパスワードを含めることによって、入力を省略してアクセスさせることもできます。これをうまく活用すれば、トップページからアクセスしようとする人に対してはIDとパスワードの入力を省略し、途中のページにいきなり来た人には、IDとパスワードの入力を求めてブロックするということができます。(401認証失敗ページを独自ページにして、トップページへ戻るようにしておけば、途中のページに来た人に対してもトップページへの移動を促しやすいでしょう。)

BASIC認証のIDとパスワードはブラウザに保存させることが可能です。常連さんには、ブラウザに保存しておくことをお勧めすれば、さほど手間にはならないんじゃないかと思います。

…というような話をAll Aboutの記事にしてみようかなあ。(^^;)
とふと思いました。

コメント

是非ネタにしてください。
「ディープリンク禁止」を謳いながら、技術的に取り得る対策を全く講じていない独りよがりなwebサイトのなんと多いことか。
確かに、画像系サイトであれば画像への直接リンクが困るというのは分かりますが、そういうなら出来る対策くらいしてくれよ、と。

あと、企業系や官公庁系のサイトではほとんど無意味にディープリンク禁止しているところもありますので、これらに対するツッコミも期待したいところです。

投稿者 n-yoshi : 2006年06月13日 01:46

画像への直リンクを防ぎたい場合で、元々フリースペースを使っている人の場合は、画像への直接アクセスをブロックするタイプのフリースペースを使うのがとってもお手軽でいいと思うのですけどねー。(^^;;;

官公庁では、他の官公庁系ページからコピーしてくるというのが多いみたいですね。(私自身はチェックしたことありませんが。) で、最初の人がつらつらと制限を書いたので、後の人もみんなそれをまねして書くという…。

投稿者 にしし : 2006年06月14日 12:00

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---