にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:06.

Virtual PC上に構築したシステムは

最近思ったこと。

Virtual PC上に構築したシステムは、実用にはなりませんね…。機器がどうしても用意できない場合とか、用意するほどの本格稼働はさせないとか、そういう場合でないと。

たとえば、Virtual PC上のLinuxをサーバにして、Virtual PCを動かしてるホストOS上でブラウザとかその他のソフトウェアを起動してそのサーバにアクセスする…とか、もう処理が重たくなりすぎ。Virtual PC側の反応がなくなるときもあるし…。^^;;;

2.5inch HDDとか内蔵できるミニサイズのベアボーンを買って静音PCとか作って、実験用PCにしようかなあ…。弁当箱Macみたいな形のベアボーンをヨドバシあたりで見かけたことがあるよーな気がする。パーツの汎用性・拡張性を考えれば、もうちょっとでかい筐体の方がいいだろうけど。場所を取りたくないし、音もうるさくしたくないしねえ。

今、Linuxが動いてる実験用PCとしては、Celeron 300MHzでメモリ64MBの旧ノートPCがあるんだけど、最新のLinux系OSを動かすにはメモリが不足すぎなんだよなあ。(^^;;;
比較的古いOSを動かして、直接はログインせず、リモートで使う分には問題ないスペックなんだけど。

コメント

VirtualPCの動作スペックを考えたら、結構なスペックが必要かも?
XPにVirtualPC入れてほかのOS入れてと考えると・・・
Windows98+FedoraCore5の組み合わせでも、
「XPにVirtualPCを入れて快適動作するスペック」+「Windows98が動くスペック」+「FedoraCore5が動くスペック」って、どれだけのメモリとCPUパワーが必要なのか・・・
特にFedoraのようなサーバー系は、常駐プロセスがCPU食うだろうし、それを動かすためにVirtualPCがCPU使いそう・・・
と考えると、Pentium4の3GHzクラスぐらい無いと大変かも?

用途を限定すれば、デスクトップではなく、NASキット(玄箱や白箱など)もいいと思いますよ。

投稿者 宣伝中止! : 2006年09月21日 00:16

そうですねー。まず、Virtual PCそのものがスペックを要求しますよね。PCまるごとエミュレートしてるわけだし…。(^^;;;

NASキットですかー。それは考えてませんでした。
いろいろ考えてみますー。

投稿者 にしし : 2006年10月09日 00:52

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---