にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:59.

銀河鉄道999盗作騒動

槇原敬之が作詞する際に、「銀河鉄道999」に含まれるフレーズを盗用したんじゃないかと、原作者の松本零士氏が怒ってる話がニュースになってました。

松本氏が「盗作」と断じているのは、「夢は時間を裏切らない時間も夢を決して裏切らない」――というサビの部分。これが「銀河鉄道999」(小学館刊)の第21巻に登場する「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズに「そっくりだ」と主張している。

これだけで「盗作」と言えたら、あらゆる表現が盗作にならんかなあ。まあ、盗作だと主張される根拠はこれだけではないのかも知れませんが。

それよりも、私は小さい頃から、「銀河鉄道999」というタイトルは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のパクりだとずっと思ってましたけどね。(^_^;)

「ドラえもん」でもネタになってた記憶があります。
出来杉くんが、のび太に本を紹介するとき、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を渡そうとしたら、のび太が「それ知ってる。999だろ?」って言ってたコマがどっかにありました。(笑)

槇原敬之に「銀河鉄道999」盗作騒動、松本零士氏激怒(@痛いニュース)
槇原敬之に「999」盗作騒動(@スポニチ)

コメント

>「銀河鉄道999」というタイトルは、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のパクりだとずっと思ってましたけどね。(^_^;)

これは松本氏も銀河鉄道の夜を意識して使っています。
関係者にも伝えてありますよ。ですからこういうのをパクリとは言いません(苦笑)

投稿者 中立派 : 2006年10月25日 22:23

コメント数: 1件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---