にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:47.

校長の長い話

ふと思ったんですが。
朝礼などでの校長の話が長いのは、別に本当に長いんじゃないんですよね。何も1時間・2時間喋ってるわけじゃないし。
ただ、校長の話は面白くないだけで。つまらないから長く感じるのであって、もし抱腹絶倒な話を校長がしてれば、1時間でもたぶん短く感じるんでしょう。
なんで校長は、面白く話そうとしないんですかね?

1.本人は十分面白いと思っている
2.面白くないことは自覚しているが面白くできない
3.つまらない話をしなければならないという義務感で話している
4.面白くしなければならない必要性を感じない

たぶん4でしょうね。
訓辞なんだからありがたく聞きやがれ、ということかな?(^_^;)
でも、どんなに素晴らしい内容でも相手に伝わってないなら、まったく意味のないことなんだけど。

記憶に残ってる校長の話って、ないよなあ……。
なんかあったっけ。

(追記)
以下のコメントを頂きました。

まぁ、自分が聞くのであればおもしろい話に超したことはありませんが…ただ、子供達には、「つまらない長話(^^;)」をしっかり聞くという体験を繰り返すことも、教育上必要なのではないかと思います(^^; 集中力、忍耐力、マナー…意外といろんなことを習得できると思います。(^^;)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---