にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/12/30. 15:12:19.

「乙嫁語り」第8巻はパリヤの話。しかしティレケも推したいが(笑)

「乙嫁語り」第8巻楽しみにしていた「乙嫁語り」第8巻が今月半ばに発売されまして、早速読了しました。
毎度のことですが、よく描いたなあ……と感心してしまいます。細部までじっくり眺めて鑑賞しないと、ここまで細かく描き込んだ作者に対してなんだか申し訳ない気分になってきます。(笑)
というわけで、じっくり読みましたですよ。
今回は冒頭2話を除いて、パリヤの話。
パリヤ、こんなネガティブ思考もする少女だったのか……。おもしろいです。(笑)
今巻内のシーンに限定して挙げると、個人的には(幼いながらもそつなくこなす)ティレケさんも推したいんですけども。何歳なのかな? いや、そもそもパリヤ自身が何歳なのか分かんないけど。作中に出ていましたっけ?

いやあ、まあ、しかし、パリヤ、楽しいです。
続きも非常に楽しみです。第9巻はまた1年後ですかね?

あと、オビに応募券が付いていました。ハルタ連載作家陣が描いた漫画冊子「こどもフェローズ」の全プレ応募券です。
これをもらうためには、「ハルタ」本誌vol.30に綴じ込まれている応募台紙が必要とのことなので、ずーいぶん久しぶりに「ハルタ」本誌を購入しました。

そういえば、前回にハルタ本誌を購入したときも、特典目当てだったような気が。^^;
あのときは、「乙嫁語り」と「ハクメイとミコチ」のクリアファイルだったかな。……と思ってブログ内を検索してみたら、ありました。これだ。→『「乙嫁語り」と「ハクメイとミコチ」のクリアファイル』(@2014年4月25日)

ハルタには面白い漫画が結構あるのですが、雑誌を買ってしまうとコミックを買いにくくなる(=雑誌で先に読んでしまうと、コミックを買う意欲が減ってしまう。でもコミックを買わないとコレクションもできないし巻末の「あとがき」的なオマケ漫画も読めないので買わざるを得ない)ので、普段は購読していません。
でも、「ハルタ本誌をちらりと覗かなかったら知ることがなかった」という漫画も結構あるので、こうしてたまーにハルタ本誌を買う動機ができるのはありがたい気もします。
ざっと読んで、未チェックだった漫画から面白い物が見つかったらコミックを買ってみようと思います。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---