現在のHTMLページの更新日時を表示させたいときがありますね。手動で書き換えるのは面倒ですから、こういうときにこそSSIを活用して、自動で更新日時を表示させましょう。
にしし ふぁくとりー

にししの SSI Tips ふぁくとりー

にししふぁくとりーSSI Tips → このページ

ファイルの更新日時を表示

現在のHTMLページの更新日時を表示する

現在のHTMLページの更新日時を表示させたいときがありますね。 手動で書き換えるのは面倒ですから、こういうときにこそSSIを活用して、自動で更新日時を表示させましょう。

SSI SOURCE 1

現在のページの更新日時は、SSIでは環境変数 LAST_MODIFIED で得られます。
<!--#echo var="LAST_MODIFIED" -->
#echo」は、環境変数を表示させるための指示です。
var=」で、何の環境変数を表示させるかを指定しています。 ここでは、更新日時なので「LAST_MODIFIED」と指定します。

SSI SOURCE 2

日時の表記スタイルをカスタマイズするには、同じHTMLソース内で、次のように記述しておきます。
<!--#config timefmt="%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒" -->
上記の例なら、「 2004年03月03日 16時24分05秒 」という感じで表示されます。
<!--#config timefmt="%y年%m月%d日 %p %I:%M:%S" -->
上記の例なら、「 04年03月03日 PM 04:24:05 」という感じで表示されます。
<!--#config timefmt="%B %d, %Y" -->
上記の例なら、「 March 03, 2004 」という感じで表示されます。
そのほか、曜日の表示やタイムゾーンの表示なども可能です。詳しくは、SSIリファレンス:時刻表示形式を参照して下さい。

参考

SSIリファレンス:時刻表示形式
2004/03/03. Wed.

もっと良い方法がありましたら、ぜひ、教えて頂けるとありがたいです。
製作者にししへのご連絡は、メールや送信フォームなどでお送り下さい。
このページの著作権は、にしし(西村文宏)が保有しています。
どのページへもリンクは歓迎します。許可を求める必要はありません。もちろん連絡をくれればうれしいですが(^-^)。