にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2020/05/20. 12:27:25.

ゆうパックもクロネコも、宅配ボックスがなくても印鑑不要で置き配にしてくれる

緊急事態宣言下の特例で、宅配ボックスがなくても印鑑不要で玄関に置き去ってくれる対処が便利だった

新型コロナウイルス対策として、ゆうパック(郵便局)も宅急便(クロネコ)も対面配達を避けるために、宅配ボックスなどが設置されていなくても、玄関先などに荷物を置いてくれる「置き配」が実施されています。

※郵便局は4月8日付けで、まずは緊急事態宣言が出された7都府県でだけ「置き配」にするかどうかをその都度確認する仕様を発表しました。その後、緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたのに合わせて、置き配の対象地域も全国に拡張しました。クロネコも同様な感じだった気がします。

とはいえ、問答無用で玄関前に置き去って行くわけではありません。宅配の際に、インターホンで家主が「玄関前に置いといてくれ」などと言った場合に限って(宅配ボックスとかが用意されていなくても)ハンコの押印を省略して指定の場所に置いてくれる、という配達方法です。

荷物を受け取る側としては、配達員さんと対面して手渡しで荷物を受け取る必要がないので感染リスクを避けられますし、いちいち印鑑を押す手間も省けるので時短になって便利です。特に今は宅配物の増加で物流が混雑しているようですから、配送会社側としても配達1件にかかる時間はできるだけ短くしたいでしょう。お互いに、安全面でも時短面でも置き配を選択しない理由はないと思います。

▼郵便局とヤマト運輸の公式発表

郵便局とクロネコの公式発表は以下のページに掲載されています。

■郵便局:ゆうパックおよび書留郵便物等のお受取方法について
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、対面で配達を行っているゆうパック、書留郵便物等を、配達の際のご希望に応じて郵便受箱への配達や玄関前等に置く形でお届けします。 配達担当者がお客さま宅への配達時にインターホン等でご案内いたしますので、お受取方法のご希望をお知らせください。 なお、配達担当者がご希望に応じお届けした旨を記録することにより受領印に代えます

注釈として「このお受取方法は、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策として限定的に行うものです。」と書かれているのですけども、別に普段からそうしていても良いのではないでしょうかね。いちいち対面して印鑑を押す時間の無駄が省けますし。
なお、あくまでも「新型コロナウイルスの感染拡大防止対策」ですから、緊急事態宣言が解除されても(すぐにコロナウイルスの危険がなくなるわけではありませんから)しばらくは継続されるでしょう。

■ヤマト運輸:受領印・サインの省略および非対面での荷物のお受け取りについて
荷物をお受け取りいただく際、対面・非対面に関わらず、受領印・サインを省略していただけます。 弊社セールスドライバーや受付担当者が、お客さまにお受け取りいただいた旨を配達票に記載することをもって受領印・サインに代えさせていただきます。 インターホン等でご希望をお知らせください。お客さまからのご希望に基づき、ご自宅の玄関前等のご指定いただいた箇所へのお届けを行います。

ゆうパック(郵便局)もクロネコ宅急便も、代引きのような料金支払いが必要な配達や、本人限定受取指定などの場合は対象外ですけども(当たり前ですが)、それ以外の宅配便なら印鑑不要で、宅配ボックスなども不要で、ただ指定した場所に置いてくれます。

▼「置き配」自体は昨年あたりからテスト運用が開始されていたが、緊急事態宣言対象地域の特例はもっと簡便な「置き配」

コロナとは関係なく、昨年あたりから「置き配」のテスト運用は始まっていました。
ただ、昨年の時点でのテスト運用では、宅配ボックスを用意するか、または宅配ボックスの代わりになるような何らかの入れ物を用意した上での事前登録等が必要でした。なので、試してみるには若干のハードルがあったのですよね。その代わり、不在でも荷物を置いていってくれるメリットがあったわけですが。

緊急事態宣言から実施されるようになった今の「置き配」は、事前登録等は不要で、宅配ボックスの代わりになるような入れ物も不要です。ただ「置いといて」と言えば済みます。が、不在時には従来通り持ち帰られてしまいます。これは、「対面で手渡すのを避ける」だけが目的だからでしょうね。昨年から始まったテスト運用の「置き配」は、「再配達の手間を減らす」のが目的だったわけですから、ちょっと目的が異なります。(今も配達量の増加で再配達に掛かる負荷が高まっているでしょうから、再配達を減らす目的を加えても良いのではないかと思いますけども。ただ、盗難の可能性を考えると宅配ボックス的な物の存在がないと難しいかも知れませんが。)

昨年からテスト運用されていた置き配新型コロナ感染防止策としての置き配
事前登録必要不要
宅配ボックス等の入れ物必要不要
配達時のチャイム(たぶん)鳴らさない鳴らす
不在時置いて帰る持ち帰る

置き配は、通常なら押印を要求して手渡しする荷物を、単に玄関先(など)に置くだけに留める配達方法です。
昔から普通郵便がまさにその方式なわけですから、別に普段から(郵便受けに入らないような)大きな荷物も玄関扉の前に置くとかでも良いと思いますけどね。置いた瞬間に盗まれるような治安の悪い地域はさすがに(国内には)ないんじゃないかと思いますし。(^_^;)

すごい時短。「扉の前に置いといて頂けます?」と言うだけで済む

実際にうちに配達員さんが来たときに試してみました。

ゆうパックの配達員さんが来たので、インターホンで「扉の前に置いといて頂けます?」と言ってみたところ、「分かりましたー」と返事されて箱を扉の前に置いて行ってくれました。
すごい時短です。

対面しないのでお互いに安心な上に、印鑑不要なのでお互いに無駄な時間を使わずに済みました。
誰も損をしない、両者で得しかしないシステムですね。(^_^;)
本当に従来からこうしていれば良かったのでは……。

そもそも認め印などその気になれば誰でも作れるのですから、印鑑を押すことに意味などなかったのだ、と日本中で気付かれると世の中の効率が上がる気がします。
印鑑を必要とする対面配達は、本当に高価な物品が入っている場合だけに限ったら良いのでは。

置き配をお願いする案内掲示を作ってみた

うちは、門扉から玄関扉まで2~3mくらい離れているので、「扉の前に置いといて」と言っても具体的にどこに置けば良いのか判断に迷われる可能性もある気がしました。
あと、本当に扉の真ん前に置かれたとしたら、(玄関はたいていそうでしょうが)外開きの扉なので、荷物が扉に当たって困ります。(^_^;)
というわけで、置いて欲しい位置を示す掲示を作ってみました。

置き配用の案内掲示

印刷サイズはA4。透明のクリアファイルに挟んでテープで貼り付けて使います。
製作に使ったソフトは「花子」です。クロネコのロゴはクロネコのウェブサイトからコピーしてきました。郵便局の車箱を置く配達員のイラストは、いらすとやから。

この手の掲示では「いつも配達ありがとうございます」的なお礼文とかを細々と書きたくなるかもしれませんが、忙しい配達員さんはそこまで細かい文字をいちいち読んでいられないでしょう(そもそも読まないでしょうし)。掲示物は何でも「目に入った瞬間に分かる」のが理想です。短い一文だけなら、読まなくても目に入れば理解できます。伝える必要のある内容は「ここに置いて」という点だけです。もちろん「誰宛のメッセージなのか」も分からないといけませんから、そこは「クロネコのロゴ」と「郵便局の車イラスト」で表してみました。これならたぶん「見た瞬間に分かる」のではないでしょうか。
「具体的にどこに置けばいいのか」を矢印で指し示しておくと、配達員さんが迷わずに済むので親切でさらに分かりやすいと思います。

▼印刷向け作図ソフト 花子

花子というのはジャストシステム社製の作図ソフトで、単品販売もされていますが一太郎の上位パッケージを買うと付いてきます。紙に印刷する目的で画像や図形を自由に配置する際には便利です。

Microsoft OfficeだとPowerPointを使ってこのような図を作ることもありますけども、PowerPointはあくまでもプレゼンスライドを作る目的なので、一般的なサイズの紙(A4用紙とか)を基準に作るには向いていません。その点では、紙のサイズを基準に作成できる花子が便利です。使用頻度は少ないのですけども、意外と役に立ちます。

ちなみに、Microsoft製品で花子に相当するのはVisioかも知れません。あまりユーザを見かけませんけども便利でした(昔は作図によく使っていました)。

置き配の案内掲示があると、さらに時短で便利だった

この置き配の案内を実際に玄関扉の横に貼り付けてみたところ、予想以上にうまくいきました。

クロネコの配達員さんが来たのでインターホンで出たところ、「荷物を扉の前に置いときましたー」と直接言われたので、何の説明もすることなく単にお礼を述べるだけで済みました。

たぶん、うちの前にトラックを止めたときに最初に掲示を目撃したのか、まず最初に門扉を開けて玄関扉の前まで進んで箱を扉の前に置いてから、改めて門扉まで戻ってチャイムを鳴らして「置きましたよ」と伝えて下さったようでした。
とても楽です。
配達員さんにとっても余計な手間を省けて望ましいでしょう(たぶん)。

なので、「クロネコが来たら扉の前に置いてくれと説明しよう」と待ち構えていたのですけども、そんな必要はありませんでした。

※もし不在だったらどうするつもりだったのかな、と思わなくもないですが。^^; 家の灯りなどから在宅を確信したのでしょうかね?(でも昼間だったんですが。)

というわけで、ゆうパックもクロネコも、宅配ボックスがなくても印鑑不要で置き配にしてくれるので便利だ、という話でした。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---