Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/10/14. 13:32:50.

再読込ボタンを作る

現在表示しているページを再読込(リロード)するには、ブラウザのツールバーなどにある「再読込」ボタンを使えば良いでしょう。
でも、JavaScriptを使って、再読込させるためのボタンをページ上に作ることもできます。
例えば、以下のように。

何らかの理由でユーザにページを再読込して欲しい場合は、「ブラウザの再読込ボタンを押して」と指示するよりは、再読込を実行する独自のボタンを用意しておく方が操作しやすいかもしれません。

JavaScriptでページを再読込させるには、以下のように記述します。

location.reload();

再読込ボタンを作るには、以下のようにHTMLを記述すると良いでしょう。

<input type="button" value="このページを再読込" onclick="location.reload();" />

まあ、あんまり使う機会はないかも知れませんけどね。(^_^;)

JavaScript TIPS 主要なカテゴリ

現在、以下のカテゴリに区分してTIPSを公開しています。

  • イベント : JavaScriptを実行するトリガーとなるイベントに関するTIPS
  • 入力フォーム : JavaScriptで入力フォームを扱う方法に関するTIPS
  • 情報取得 : JavaScriptで様々な情報を得る方法に関するTIPS
  • 操作・移動 : JavaScriptでブラウザを操作したり表示ページを移動したりする方法に関するTIPS
  • 日付・時刻 : JavaScriptで日付や時刻を扱う方法に関するTIPS
  • 機能 : JavaScriptで何らかの機能を実現する方法に関するTIPS
  • 装飾・内容変更 : JavaScriptで装飾や内容を変更する方法に関するTIPS
  • 計算・変換 : JavaScriptで様々な計算や変換処理を行う方法に関するTIPS

▲各カテゴリ毎に、TIPSのタイトルと概要を一覧できます。ぜひ、いろいろ覗いてみて下さい!

関連書籍・関連ソフトなど