にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2018/09/14. 14:56:30.

天鏡のアルデラミン、とうとう完結

天鏡のアルデラミン、第14巻でとうとう完結……!
これ以上ないほど完全に終わってしまったー。
第1巻から6年。そんなに経っていたのかー。平均して年2冊以上は読めていたということなんですね。

電撃文庫「天鏡のアルデラミン」第1巻から最終巻(第14巻)

(※以下、ほんの少し、なんとなく若干のネタバレっぽい表現があります。「ヤトリの件」という表現でイクタがどうなったのかが分かるくらい本編を読み進めている場合で、最終巻まで読む予定の方は、この先の文章は読まない方が良いと思います。^^;)

何巻か前の衝撃的なヤトリの件があって以後、一体これからどう展開するのかと思っていましたけども。
最後にシャミーユの心を救えたところで、なるほどそこから大転換……なのかと思いきや。
まさかこういう結末とはッ!

最後の最後のシーンからすると、確かにイクタにとってはこれが良かったのかもな、とも思いました。
完結まで読めて良かった。

最後の最後のシーンは、最初は夢なのかなと思ったんですけども、北極星がデネブだという表現があることからして、相当な未来ということなんですかね。たぶん。
はくちょう座α星のデネブは、西暦1万年頃には北極星になる位置に来るらしいので。
数千年先の世界で、あのヤトリの悲劇的な出来事に対するイクタへの救いがあった、ということなのかな。

ヤトリがああなってしまった以上、イクタにとってのハッピーエンドとは、こうなるしかなかったのかもしれません。

天鏡のアルデラミン全14巻、おすすめです。

天鏡のアルデラミン(宇野朴人/電撃文庫)@Amazon.co.jp

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---