にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2019/04/06. 22:53:30.

キャンペーン終了直後に届くNewsweek継続購読案内(^_^;)

3年ごとの定期購読更新案内なんだけど

週刊ニュース雑誌「Newsweek日本版」を2003年あたりから購読しています。ここ12年ほどは「3年購読」で契約しているので、3年ごとに継続案内が封書で届きます。
今回は、2月1日に届きました。
いつものように、定期購読料金は「継続特別割引」として約37%OFFの、3年(150冊)で43,200円になっています。
Newsweekを書店で1冊買うと460円くらいしますので、定期購読で1冊あたり288円で読める価格なのはずいぶん安いです。

ニューズウィーク日本版ご継続特別割引適用と書かれた書類

……が、そういえばここ最近のNewsweek本誌には「平成最後のキャンペーン」と題した広告が載っていて、50%OFFの購読料金(3年なら34,500円)と書かれていたよな……と思い出しました。
これだったら、継続するよりも一旦解約して、新規購読で契約した方が9千円くらい安くできます。

……と思って本誌の広告ページを見てみたところ、
キャンペーンは、1月31日まででした。orz
1月31日消印有効と書いてあります。(^_^;;;

ニューズウィーク本紙にある年間購読50%OFFキャンペーンの広告ページ

おのれ、キャンペーン終了の翌日に継続案内を送ってくるとは……!(笑)

これ、たまたま購読更新の期日がキャンペーン期間に掛かっていた人々はどうしたんだろう?
もしかして、その場合は50%OFFの記載で継続案内が届いたりしたんだろうか?(……そんなわけないか?^^;)

まあ、どうやら日本の消費税は今年の秋から10%に上がるようなので、当然それに合わせて本誌の定価も上がるでしょう。それよりも前に3年分の定期購読を更新できることを考えれば、普段よりも少しお得と言えなくもないです。それで良しとしよう。(笑)

Newsweekは、Kindle Unlimitedでも読めるんだけども

Newsweekは、最新号を除いた直近の数号(たぶん2~3ヶ月分くらい)は、Kindle Unlimitedに出ているので(Kindle Unlimitedを契約していれば)無料で読めます。
Kindle Unlimitedは月980円なので、Newsweekのためだけに契約するだけでも安く済みます。(※過去に契約していたことのない初回登録なら、最初の30日間は無料で利用できる特典もあります。)

過去の号すべてがUnlimitedに登録されているわけではないので、たぶんある程度の期間が経ったらUnlimitedの対象外にされるんだとは思うんですが。「最新号を今すぐ読みたい」という欲求がなければ、Kindle Unlimitedで安く済ませることはできます。

▼Newsweekの電子版は、紙の紙面そのままの固定レイアウト

ただ、Newsweekって結構大きいサイズの雑誌なので、この誌面そのままを電子版で読むには、大きな画面が必要なんですよね。
詳しくは測っていませんが、たぶん10インチくらいはないと読みにくいんじゃないかな、と思います。
PCで読むんなら充分でしょうけども、タブレットだと大型が必要ですね。

私が今のところ所有しているタブレットは7インチと8インチで、普段持ち歩いているのは7インチなので、このサイズの雑誌を読むには少々厳しいんですよね……。「そんなに雑誌が読みたいなら10インチのタブレットを買えば」と言われるかも知れませんが(^_^;)、仕事用のノートPCを持ち歩いていることを考えると、大型のタブレットも一緒に持ち歩くのはあまり現実的ではないので。「じゃあ、そのPCでNewsweekを読めば」と言われるかもしれませんが。(笑) Newsweekのような雑誌は、ちょっとした移動の空き時間的なところで読みたいので、PCではちょっと(タイミング的に)使いにくいんですよね……。(^_^;;;

というわけで、まだNewsweekは紙で購読することにします。(^_^;)

電子版の方が、紙を処分しなくて済むので楽ではあるんですけどもね……。
保存しておきたいページがあれば、(紙のようにスキャンしなくても)単にキャプチャすれば済むわけですし。

誌面をそのまま画像で載せる形態(固定レイアウト)ではなくて、記事をテキストで読ませてくれるリフロー型だったら、画面サイズに関係なく読めるので便利なんですけどもねー。
電子版と紙版とで異なるレイアウトにすると手間が二重になるのでコスト的に難しいんでしょうかね……?

Newsweek (@Kindle Unlimited)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---