にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2018/02/19. 10:44:24.

門戸厄神は神社ではなくお寺だという話(^_^;)

門戸厄神へ初詣に行ってきました。毎年恒例です。
私が行ったのは1月2日の午前中だったんですが、中国道にはそこそこの車がいました。まあ、渋滞というほどではなく、宝塚インターチェンジ付近を除いては、スムーズに流れてはいましたけども。新名神が完全開通したら、この混雑も緩和されるんでしょうかね?

門戸厄神って、駐車場用の土地を結構たくさん持っているんですね。阪急今津線に並行している道路沿いに大きな駐車場が2つあるのは昔から知っていましたけども、山の中腹から上の方まで細々とした駐車場がぽつぽつ点在していました。駐車場案内の看板が出ていたんですが、そこには「第10駐車場」まで書いてあって驚きました。駐車場全部を網羅した案内図というわけではなさそうでしたので、11番目以降もあるかもしれません。

参拝客数は、少なくとも私が参拝していた時間帯ではだいたい例年通りっぽい感じでした。

門戸厄神の正門 門戸厄神の厄神堂で参拝

上の写真は、門戸厄神の正門と、境内中央の厄神堂です。

▼門戸厄神のウェブサイトと、神社ではなく寺だというFAQ

さて、門戸厄神のウェブサイトを久しぶりに覗きに行ったら、レスポンシブ・ウェブデザインな新デザインに変化していました。
WordPressで構築されているようです。
お知らせの履歴からして昨年の4月頃にリニューアルしたのかな。
ページそのものはとてもよくできていますが、OGPイメージの設定画像がAll in one SEO Packのデフォルト画像のままでした。(^_^;;;

FAQページもあったので覗いてみたら、最初に『門戸厄神はお寺ですか?神社ですか?』と書いてあって笑いました。(^_^;)
やはりよくある質問なんですね。
毎年参拝しているにもかかわらず、ものすっごく長い間、ずっと神社だと思っていました……。└(:3」┌)┘

門戸厄神はお寺ですか?神社ですか?

松泰山東光寺という高野山真言宗のお寺です。門戸に居られる厄神明王様のことを親しみを込めて、門戸の厄神さん「門戸厄神」と呼ばれる様になりました。

昨年あたりに、境内の中に案内として掲載されていた「寺務所」という表記を見て、「ああ、お寺だったのか!」と気付いたんですが。もし神社だったら社務所ですよね。^^;

▼門戸厄神の寺務所看板

今年は、下写真のように、さらに目立つ分かりやすい「寺務所」看板が出ていました。(^_^;)

門戸厄神の寺務所

建てたばっかりなのか、かなーり綺麗な看板でした。
寺務所。

というわけで、門戸厄神はお寺です。
今年もよろしくお願い申し上げます。(^_^;)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---