にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2018/12/28. 16:01:29.

UACによる暗転画面のキャプチャっぽい画像を作る方法

Windows10のUACで画面全体が暗転したところのキャプチャを撮りたかったんだけど

ユーザが何か反応するまで他の操作をできなくするウインドウのことを特に「モーダルウインドウ」と呼びます。
で、そのようなモーダルウインドウをウェブ上に作る方法を解説する記事(下記)を書くに当たって、モーダルウインドウとはこんな感じの物ですよ、と紹介する例として、Windows10でのUACのスクリーンショットを見せようと思いました。

「Colorboxの使い方:jQueryで簡単モーダルウインドウ」@All About ホームページ作成

デフォルトの設定なら、UAC画面は「デスクトップ全体が暗転して、画面中央にUACのモーダルダイアログだけが表示される」という表示形態になるため、モーダルウインドウの説明にはちょうど良いかなと思いまして。
ソフトウェアをインストールする際にはたいてい表示されますから、Windowsユーザなら見たことも触ったこともあることが多そうですし。

で、そのためには、UACによるモーダルウインドウが表示された状態のキャプチャ画像を作る必要があります。

UACとは

そもそもUACとは、Windowsに搭載されているユーザ・アカウント制御(User Account Control)というセキュリティの仕組みのことです。
Windows Vista以降のWindowsで搭載されました。
何らかの管理者権限が必要になった際に表示されて、ユーザに権限(昇格)を求めてきます。
これによって、ユーザが意図しないソフトウェアが勝手にシステムに変更を加えてしまうような事態を避けよう、という機能です。

UACはいつでも出せる

UACのダイアログが出現する代表的なケースは、何らかのソフトウェアをインストールするタイミングだと思います。
しかし、UACのダイアログ自体は、適当なソフトウェアを管理者権限で実行しようとすればいつでも出せます。

例えば、スタートメニューからアイコンを右クリックして[その他]→[管理者として実行]を選ぶと現れます。
どのソフトウェア(アプリ)でも、この方法でUACが出せるんじゃないかと思います。(別にあらゆるソフトウェアで試したわけではありませんが。)

ただ、キャプチャはできない

UACで画面全体が暗転している状況はちょっと特殊な状況で、[PrintScreen]キーを使うようなキャプチャ方法は使えません。

確実にUAC画面の暗転をキャプチャできる(だろう)方法として思いついたのは、Virtual Machine上でWindows10を動かして(ゲストOS側で)UACを出す方法です。これなら、VMのウインドウをキャプチャすることで、UAC画面全体のキャプチャが可能ではないかなと思います。

ただ、たまたま今、Win10が動作する実験用のVM環境がありません。
そういう環境を1つ用意しておけば後々役立つだろうとは思うものの、今わざわざUAC画面を撮影するためだけにVMをセットアップしている時間的な余裕がなかったので、これは却下。
他の方法を検討しました。

UACキャプチャ方法として試したいろいろ

まずは、すさまじくアナログな方法ですが、デジカメでノートPCの画面を写真に撮ってみました。
しかし、やはり見た目がよろしくありません。
液晶ディスプレイを直接デジカメで撮影しても全体的に暗いですし、表示内容もハッキリとは見えませんし。

UAC画面をデジカメで撮影した写真

Windows標準のキャプチャツールである「Snipping Tool」にはタイマー機能があります。それを使用したらどうなるだろうか?と思ったので試してみました。
5秒後のデスクトップを撮影するようにセットして、キャプチャボタンを押してから5秒以内にUACが表示されるように操作してみました。
……が、どうもうまくいかず。
UAC画面から元のデスクトップに戻ったときには、Snipping Toolのウインドウ自体が消滅していました。(^_^;;;

やはり、あのUACの暗転画面は特殊な表示方法になっているようです。

そもそもUACは、暗転さえなくせばキャプチャはできる

UACのダイアログは、デスクトップの暗転さえさせなければキャプチャはできます。
デスクトップごとキャプチャもできるし、[Alt]+[PrintScreen]キーで下図のようにUACダイアログのみのキャプチャも可能です。

Windows10のUAC画面:このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

※Windowsのコントロールパネル内を「UAC」で検索するなどすると見つかる『ユーザアカウント制御の設定』という設定画面で、スライダーを動かしてレベルを変更することで暗転しないように設定できます。

で、よく考えれば、暗転するUAC画面でも、UACのダイアログの背後は、暗くなったデスクトップの壁紙だけですよね。
……とすれば、自力でそれっぽい画像を合成すれば良いではないか、と気付きました。(^_^;)

UACの暗転画面キャプチャっぽく見える画像を作る方法

まず、Windows10のデフォルトの壁紙画像のあるフォルダを探します。
これは C:\Windows\Web\Wallpaper\Windows にありました。(このWallpaperフォルダには他にもPCメーカー製の壁紙などを含むサブフォルダがいろいろ入っていました。)
この中の img0.jpg がデフォルトの壁紙です。

Windowsのデフォルト壁紙が存在するフォルダ

これをPhotoshopで読み込んで、真っ黒のレイヤーを重ねて透過させ、透過率を調整することでUACっぽい感じの配色に修正してみました。
そこに、暗転なしの設定で表示したUACダイアログのキャプチャ画像を重ねると……、

UAC画面のスクリーンショットっぽい画像をPhotoshopで作っているところ

うまい感じにUACによる暗転画面っぽい画像ができあがりました。

実際のUAC画面では、右下あたりに漢字変換等のアイコンが出ているので、そこまでは再現できていませんが。
しかしまあ、UACっぽいイメージを出すにはこれで充分でしょう。(^_^;)

というわけで、UACの暗転画面をキャプチャする方法ではないものの、UACの暗転画面っぽい画像を作る方法、でした。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---