にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2019/08/20. 22:40:08.

モバイル向けWSJウェブページの全面広告UIの問題

モバイル画面に表示する全面広告では、極端な端をタップする必要がないよう気をつけたい

iPod touchでウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の記事を読んでいたら、下図のようなiOS用WSJアプリの宣伝画面が出てきました。
図からは分かりにくいですが、この表示は「単独のウェブページ」ではなくて、「記事ページの上に重なるように表示されている全面広告画面」です。
なので、この画面を閉じないと記事本文が読めません。
モバイル端末向けのウェブページでは特に、この手の全面広告を時々見かけます。

単に「Not Now」ボタンを押せば消せるんだけども

もちろん、この画面を閉じる方法は簡単で、単に最下部にある「Not Now」を指でタップすれば良いだけです。

しかーし!

ここに、インターフェイス上の大きな問題がありました。

全画面広告を閉じるボタンが押せない……!

広告を閉じるための「Not Now」ボタンの位置が画面の下の方にあり、ページの下端でもあるので、この「Not Now」をタップしても、下図中央(B)のようにブラウザ側機能のUIが先に反応して、ブラウザのツールバーが表示されてしまいます。つまり、1回タップしただけでは「Not Now」を押したことになりません。そのため、もう一度「Not Now」をタップする必要があります。

「単に2回タップすれば良いだけでは?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

下図(B)を見ると分かるように、ブラウザのツールバーが表示されると、端末の画面サイズの関係上「Not Now」ボタンが見えなくなってしまいます。なので、再度「Not Now」ボタンが見えるように画面をスクロールする必要があるのですが、そう操作すると、今度はブラウザのツールバーが自動で収納されるため、下図(C)のようになります。これは最初の状態である(A)と同じ表示です。

ページ下端のボタンをタップしようとするたびに、ブラウザ側のツールバーが表示されてしまって、ボタンそのものが押せない!

ここで再度「Not Now」ボタンを押そうとすると、またブラウザ側機能のUIが反応して図(B)のようにブラウザのツールバーが表示されてしまい、「Not Now」ボタンを押したことになりません。
そこで画面をスクロールすると、また図C(=A)のように戻ってしまう。
……という無限ループです。

何がなんでもiOSアプリを入れさせたいという策略なのか!? とも思ったんですが。(^_^;)

※私は、毎日新聞社で契約している「毎日ID」経由でWSJを読んでいるので、そもそもWSJ側の公式アプリではログインできないんですよね。毎日新聞社サイトでの「毎日ID」のログイン状態がブラウザのCookieにある状態でしかWSJの記事は読めない仕様なようで。だから、ここは「Not Now」を押す以外に選択しようがないんですけども……。

まあ結局は、一旦はこのブラウザ全体を閉じて、再度記事ページにアクセスすることで、余計な全面広告は出てこなくなりましたが。(たぶん、ランダムに表示する仕様なんでしょうね。)

あまりにも画面の端をタップさせるようなUIは避けるのが吉

というわけで、(そもそも画面全体に広げる全面広告自体が望ましくない表示形態ですけども)このような全画面で何かを表示するのならせめて、

  • ボタンを上端や下端など、あまりにも端っこに配置しない。(ユーザが余裕をもってスクロールしておけるくらいの充分な分量の余白を設ける)
  • 閉じる用途に使える「×」ボタン的なUIなど、閉じるためのUIを複数用意しておく。
  • 全画面表示にはせず、多少は端っこに隙間を設けておき、領域外をタップしたら閉じられるような仕組みを用意する。

……といったような安全策も用意しておきたいものです。

たぶん、もうちょっと縦に長い端末(最近の主流はそうですね)だったら、何の問題も発生しなかったのでしょう。
将来何かこういう系統のオーバーラップ画面を作ることになるかも知れないので、問題点をしっかり記憶しておこうと思いました。(^_^;)

(補足) そもそも有料契約なんだけどな

私は、WSJの記事を有料契約で読んでいます(WSJはそもそも大半が有料記事です)。なので、余計な広告を表示される謂われはないと思うんですけども、WSJは有料会員であっても広告を見せるんですよね。たぶんWSJ側の認識では、月額料金は「記事の全文を読ませる対価」であって「広告を非表示にする対価」ではないのでしょう。

WSJサイトの場合、表示される広告はたいていWSJに関する内容ですし、さほど広告がうるさいわけではないので、まあそれほど文句はありませんけども。

※ちなみに、表示される広告は英語ばっかりですが、私が読んでいるWSJは日本語訳された日本語版です。一応、契約上は原文の英語版記事を読む権利もあるようですけどもね。そこまで英語力はありません。(^_^;)

関連日記:
Wall Street Journalを毎日新聞IDで契約すると6割引だがタイムアウトが早すぎて毎度のログインが面倒』(2019年3月10日)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---