にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2020/09/07. 10:52:55.

ウォール・ストリート・ジャーナルを約76%引きで購読すべく、デジタル毎日IDを年契約に変更した

ウォール・ストリート・ジャーナル(日本語版)を読むために月契約していたデジタル毎日を年契約に変更した

契約期間の変更手続きをしたのは4月の話なのですけども。

毎日新聞社のネットサービス「デジタル毎日」を最初に契約したのは2019年3月で、これまではずっと月単位で契約を更新してきたのですが、13回目の更新日(4月)に年契約に変更しました。
年契約の方が割安なのは最初から分かっていたのですが、そこまで継続して記事を読むかどうかが分からなかったので、最初の1年間は月契約で継続してみて、コンスタントに読むようなら年契約に変更しようと思っていたのでした。

デジタル毎日(スタンダードプラン)の購読料は、月契約だと税込1,078円なので1年間で12,936円になりますが、年契約だと税込9,240円で済みますから約28.5%引きになります。年間3,696円ほどお得な計算です。

元々ウォール・ストリート・ジャーナルを読むために契約したIDですが、毎日新聞の全記事も読めます。
今ではだいたい両方を同じくらいの頻度で読んでいる気がします。
最初はどれくらい記事を読むか分からなかったのですけども、13ヶ月間(私が契約したときは初月が無料でした)ずっとそこそこ読んできましたから、今後の契約を年単位に変更しても無駄になることはないと判断しました。(このブログ記事を書いている今は9月ですから、既に18ヶ月ほど読み続けています。)

▼月額770円でウォール・ストリート・ジャーナルと毎日新聞の全記事が読める

デジタル毎日のスタンダードプランを年契約した場合、月あたりに換算すると770円で済む計算になります。
ウォール・ストリート・ジャーナルを本家ダウジョーンズ経由で契約したら月3,188円(税込)くらいかかりますから、そこ1点だけでも激しく充分に元が取れています。75.8%引きくらいですから。

しかも、このIDで読めるのはウォール・ストリート・ジャーナルの全記事だけでなく、毎日新聞の全記事と、毎日新聞社が提供している医療・経済・政治プレミア記事も全部ですから、かなりリーズナブルです。

私は今回「年払い」に変更したわけですけども、他に半年払いと月払いがあります。

  • 月払いだと1,078円(税込)で、この時点でも本家ダウジョーンズでの購読料の3分の1くらいですが、
  • 6カ月なら4,950円で月あたり825円(税込)で23%OFF(本家購読料の約74%引き)、
  • 12カ月だと9,240円で770円(税込)で29%OFF(本家購読料の約76%引き)くらいです。

月770円だと、IT・ビジネス系識者が個人でよく提供している有料メルマガよりも安いですよね……。(^_^;;;
私が購読している、とある識者のメルマガはたしか月880円くらいでしたし。

毎日新聞社がどうしてこの購読料でウォール・ストリート・ジャーナル日本版を提供できているのかが不思議に思えてきます。(^_^;)
この購読料には、そもそも毎日新聞の全記事を読む権利も含まれているわけですし。
本家の購読料は一体何なんだ……。^^;

契約は自動更新で、更新日が近づいても毎日新聞社側からは一切連絡が来ないので、自力でちゃんと更新日を把握しておく必要はありそうです。
とりあえず、リマインダーはセットしておきました。

ウォール・ストリート・ジャーナルを本家サイトで契約すると、解約手続きが激しく困難らしい

一時期、ウォール・ストリート・ジャーナルを本家ダウジョーンズサイトで直接契約していると、解約のための手続きが凄まじく困難だという話がTwitterに流れてきていました。
日本では、最終的には電話で解約を申し出ないと解約できないのだとか。(※伝聞なので正確なところは知りません)
現住所をカリフォルニアに設定しておくと現地の法律の関係でWeb上に解約フォームが登場するという話もありましたけども。(※伝聞なの略)
最近はその手の話を聞かないので、ダウジョーンズ側の手続きが改善されたのか、それともデジタル毎日経由で契約する方が良いことが周知されたのか分かりませんが。

「ウォール・ストリート・ジャーナルは毎日新聞社のデジタル毎日ID経由でも読める上に6割引くらいで安く済みますよ」と突っ込もうかと思ったのですが、前後のTLを読むと著名人もまさにそうツイートしていました。
やはり日本国内でウォール・ストリート・ジャーナルを読む正しい選択は、デジタル毎日ID(スタンダードプラン)経由なのでしょう。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---