にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:31:00.

最近のNewsweekは…

Newsweekに綴じ込みの小冊子帰宅したら、Newsweek今週号が届いてました。
ここ3週間くらいのNewsweekには、小さな付録冊子が綴じ込まれてます。

これ、一般の雑誌に付属してるオマケみたいに、単に挟んであるだけではありません。がっちり太いホッチキスで本誌と一緒に綴じ込まれてます。

まあ、綴じ込まれているのは構わんのですが、この小さな冊子の紙が頑丈なんですよね。本誌で使われている紙よりも。

そうするとですね。
邪魔なんですよ。(^^;)
読むときに。^^;;;

例えば、PC系雑誌で、CD-ROMがオマケについてる雑誌を(CD-ROMを外さずに)読むと、かなりめくりにくいですよね。
まあ、CD-ROMほどの堅さはもちろんないので、折り曲げようと思えば折り曲がるわけですけども、やっぱり普通の紙よりは堅いので、どうにも邪魔に感じるんですよね。

私はNewsweekを電車内とかバス内とかで立ったまま読んだりすることが多いので、見開きを広げて読むということはあまりなく、(今読んでない方の)片側を折り曲げて、1ページだけ(見開きの半分だけ)が手前に来るようにして読んでるんですよね。

そうすると、堅いモノが挟まってると邪魔でしゃーないんです。^^;;;

うーん。
この付録形態、いつまで続くのかなあ…。^^;;;

つーか、この頑丈なホッチキスで綴じられた付録冊子、読者によってホッチキスを外すことを想定して作られているんだろうか…?
でもホッチキスを外すと、本誌の方がバラバラになると思うんだけど…。

謎だ…。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---