にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:41.

Perlでの文字列の比較

さっき、4回生が質問に来ました。
最近連絡なかったのでどうしてるのかと思ったら、ちゃんと卒業研究を進んでたようで良かった。^^;;;

Perlでプログラミングしてるらしいんだけど、if文で毎回同じ条件だけが成立してしまう原因が分からんという質問でした。
そのプログラムを簡単にすると次のような感じ。(誤ってます)

$str1 = "あいうえお";
$str2 = "かきくけこ";
if( $str1 == $str2 ) {
   # ほげほげ
}
else {
   # げほげほ
}

上記でやりたいことは文字列の比較だとすぐに分かるんですが、上記のコードではうまくいきません。
変数str1とstr2の中身は異なっているので、else の方(げほげほ)が実行されることを期待するわけですが、上記では「ほげほげ」の方に処理がいっちゃいます。

他の言語で書いてて、Perlを久しぶりに使うとたまにするミスなんですよね。^^;

Perlでは、演算子「==」で比較すると、両辺が数値であると解釈しちゃうので、これを使って文字列を比較すると、(その両辺の文字列が数値に変換しようがない場合)同じ値になっちゃって if文が成立しちゃいます。

文字列の比較なので、ここでは演算子「 eq 」を使わないといけないのですよね。
だから、

if( $str1 eq $str2 ) {

と書くのが正解。

…ってここまで書いて思ったんだけど、このネタ過去の日記でも書いたよなあ。
…と思って調べてみたら、昨年の12月に書いてました。(笑)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---