にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:21.

AmazonにXSLTを渡しても解釈してくんないときが…

Amazon Web Serviceには、リクエストの結果をXMLで受け取る方法もありますが、そのXMLに対するXSLTを一緒に指定することで、XSLTでXMLを解釈した結果を受けとる方法もあります。

要するに、XMLをHTMLに変換するようなXSLTを作っておけば、それをAmazonのサーバ側で処理して、変換結果のHTMLだけを受け取ることができるわけです。

これは大変便利で、Amazon Web Serviceをとりあえずちょっと使ってみよう…というような人にはありがたい機能だと思います。

がー。

AmazonのXSLT解釈機能って、よく落ちませんか?(^^;;;
XSLTを送っても、変換せずに、XMLをそのまんま返してくるときがよくあるような気がするのですが。

最初は、私が作ったXSLTに何か問題があるのかな…と思って試行錯誤を繰り返してたんですけど、全く変更していないXSLTを送っただけなのに、望み通りに解釈されたり、全く解釈されずXMLだけ返ってきたりしてます。^^;

まあ確かに、かなりたくさんのリクエストが届いてんだろうし、それらに対して毎回XSLTを解釈して結果を返すのは、かなり負荷が高くなるだろうとは思うのですが。(^^;)

XMLを生で返してもらうと、HTMLが返ってくることを前提にしている場合、かなり困りますね。XMLで返ってくる可能性も考えて、CGIとかを作っとかないといけないってことですかね…?

むう。

最初から、Amazon側に頼らず、XMLだけ受け取って、自前でXMLを解釈した方が気が楽なのかな~と思わないでもない。
実際のところ、書き方さえ分かってしまえば、どちらも大して難易度に差はないですからね…。(こちら側のサーバ負荷には、大きな差がありますが。^^;;;)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---