にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:25.

ユーザに行間を調節させてくれるブラウザが欲しい

次世代のブラウザに欲しい機能。…それは、行間調節機能!
既に文字サイズはユーザが自由に変更できるのに、なぜ行間は調節させてくれないのか!
…というわけで、ぜひとも欲しい機能です。

Web上で長文を書くときには、ぜひとも行間を多めに確保して頂きたい…と思うのです。
せっかくおもしろそうで読みたい!と思っている話なのに、行間が詰まってて読みにくいページというのは、なんだかずいぶんもったいない気がします。

しかしですね。
そもそも、「読みやすい」という基準は人それぞれなわけですから、私が「読みにくい」と思っても、他の人々にとっては「十分読める」とか「読みやすい」と思えるものである可能性があるわけです。

そこで求められるのは、やはり、ブラウザ側で自由に調整する機能でしょう。
多くのブラウザで、文字サイズは自由に変更できます。表示してるのがテキストなら。
そこからもう一歩進んで、ぜひとも、行間もユーザが自由に調節できるようにして頂きたい!>ブラウザ開発者の方々(^^;)

特定の範囲をマウスでドラッグして選択した状態で、こう、ぐぐぐっと行間を広げたりできるといいなあ。(笑)
まあ、そんなことせんでも、ツールバー(もしくはメニュー)から設定できれば十分ですが。

ユーザスタイルシートを用意して、それを適用させてやることで、強制的に行間を広げることは可能で、その方法は確か以前に、このブログにも書いたよーな気がするのですけど、それは、面倒くさすぎるんですよね。^^;
たとえ、スタイルシートファイルを事前に用意していたとしても、閲覧ページに応じてON/OFFを切り替えるのは激しく面倒で、全然現実的ではないです。

やはり、ブラウザの機能として必要です。

現状で取れる対策は、まあ、次のよーなもんですかね。

1. 我慢して頑張って読む。
2. ソースを表示させて、お気に入りのテキストエディタで読む。(笑)
3. 読むのをあきらめる。
4. その行間調節機能とやらを搭載したプラグインを自分で開発する。(爆)

現実的なのは、まあ、1~2あたりでしょうか…。^^;;;
4が望ましいわけですが。

対象がブログだったりして、全文がRSSフィードで提供されている場合は、RSSリーダとかで読めば読みやすくなるのかな…?

最後に余談ですが。
スタイルシートで行間を調節したい場合は、line-heightプロパティを使うんですけども、この値には、単位なしの数値を指定するのが好ましいです。というか、単位付けちゃダメ。
%とかemとかpxとか単位を付けちゃうと、1行内に大きさの異なる文字が存在するときに、でかい文字が上の行に重なっちゃう可能性があります。
単位なしの数値で指定していれば、1行内にでかい文字があっても、ちゃんとでかい文字に合わせて行間が開いてくれます。

line-height: 1.5;

…と書くと、行の高さが行の1.5倍になります。

line-height: 1.5em;

…と一見同じ効果のように思えますが、違うのです。
私が大昔にAll Aboutで書いた記事では、そのことについて触れてない(どころか、単位なし指定の方法があることすら説明してない)ので、いつか修正したいと思っていて、そういえば、そのまま放置してたんだな…。^^;;;

今、思い出した。

ええと、話が途中から変わったような気がするけど、言いたいことは、ブラウザに行間調整機能が欲しい、ということでした。

コメント

もしかしたらと思ったのですが。
開発は最初、英語表記で作りますよね。
全部英語で書くと、うまく行間が開くから、気にしていないとか。
・・・そんなわけないか(--)

投稿者 宣伝中止! : 2006年01月12日 20:14

最近の最新のブラウザでは
拡張機能をつければかもしれませんが
ユーザがカスタムでCSSをつけられるので、(FireFoxなど)

それを使ってline-heightを指定してあげたらもしかしたらいけるかもと思いますよ。

投稿者 fuu : 2007年04月28日 09:38

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---