にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:49.

どうやっても解決できない文字化けに遭遇したら

解決できない文字化けSHIFT-JISでもなく、EUC-JPでもなく、JISでもなければ、UTF-8でもない…。どんな文字コードに変換しても正しく表示されないという、どうやっても解決できない文字化けに遭遇した場合。例えば、右図のような感じ。

どんな文字コード設定に変えてみても、さっぱり文字化けが解消しない場合は、自分が過去に行った文字コードの変換処理を振り返ってみましょう。

このような文字化けは、次のような状況でよく起こります。

文字コードAから文字コードBにコード変換するという処理を、文字コードAではないテキストに対して実行したとき。

つまり、元々EUC-JPコードで記述されているテキストを、「SHIFT-JISコードで記述されていると解釈してEUC-JPコードに変換」というようなことをやっちゃうと、こんな感じの、どうやっても解決できない文字化けテキストができあがっちゃいます。

Webサービスから情報を取得して望みのコードに変換したあと、何らかの処理を施して、目的のコードに変換する…みたいな複雑な文字コード変換処理を行うようプログラムを書いた場合とかに、よく遭遇してました。^^;;;
たいてい、文字コード変換処理で、元々の文字コードが何であるかという解釈が間違っているときに起こっちゃいます。

ご注意下さい。^^;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---