にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:15.

Virtual PC 2004 SP1 日本語版をセットアップした

Microsoftが無償化して配布し始めた「Virtual PC 2004 SP1 日本語版」をダウンロードしてインストールしてみました。今まで使ってた、「Virtual PC 2004 英語版」(MSDN)はアンインストールしました。英語版と大して機能に差はありませんが(というか同じよな^^;)、メニューが日本語だというだけで、なんか新しくなったような感じがします。(笑)

Windows XP 起動画面 on Virtual PC
Windows XP 起動中 on Virtual PC
で、Windows XPをインストール。 Windows XP上でVirtual PC経由のWindows XPを動かすのは、なかなかしんどいですね。セットアップにもかなり時間が掛かりましたし、セットアップ後の動作もちょっと遅いです。

まあ、メモリを416MBしか割り当ててないから、というのもあるでしょうけど。^^;
私の個人PCに搭載しているメモリは1GBなので。あんまり多くは割けないのです。まあ、Virtual PCしか動かさないのであれば、もうちょっと割いても問題はなかったかも知れませんが。

ホストOSであるWindows XPがスワップファイルにガリガリ書いて、ゲストOSであるWindows XPも仮想HDDのスワップ領域にガリガリ書き始めたら、なんかとんでもなく遅くなるような気がします…。^^;;;
ゲスト側のWindowsは、スワップなしにした方がいいのかなあ…。でも、それだとメモリをもうちょっと潤沢に与えないといけないような。

まあとにかく、仮想Windows XPの実験用環境を久しぶりに作りました。
これ、CD(MSDN経由で得たもの)がSP1のものなので、SP2にするには、またさらにWindows Updateを実行しないといけないのですよねー。^^;;;
その作業は明日だな…。

あと、Fedora5用の仮想マシンも作りたい。

私が自宅でサーバマシンにしてるのは、Celeron 300MHzなので、Red Hat Linux9が動いてます。それでもGUIを使うとなかなか苦しいです。まあ問題はCPUパワーよりもメモリ量ですが。64MBが最大容量。(^^;;; それでは、Fedoraは苦しいでしょう。
というわけで、今のところ自宅ではFedoraとか最近のLinuxは動いてないのです。^^;

Virtual PCのウインドウをキャプチャしてて気づいたんですが、これ、ゲストOSのマウスポインタもそのままキャプチャできるんですね。そういえば。
アプリケーションの起動サンプルで、マウスポインタも欲しい場合、今まではグラフィックツールで合成してたんですけど、Virtual PC上で実行したものをホストOS側からキャプチャすれば、楽にマウスポインタ付きでキャプチャできるんですねえ。(笑)
これいいかも。(笑)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---