にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:39.

Virtual PCとWindowsXPとIE7

朝から原稿を書いてて、ほぼ完成したんだけども、その原稿を読んでもらうためには、前提になる説明の原稿がもう1本必要だということに気づいて、さらにもう1本原稿を執筆。……とかしてたら、結局2本とも完成しなかった。(^_^;;;
続きは明日。

今、ノートPCに入ってるIEはVer.6です。とある原稿を書く上で、Ver.6でのキャプチャとVer.7でのキャプチャの両方を取る必要がでてきました。裏技的な手法でIE6とIE7を共存させることも可能なようですが、ちょっと弊害もあるっぽいので、正攻法(?)としてVirtual PCで共存させることにしました。

この場合、採る方法は2つあります。

  • ホストOSにIE7を入れて、ゲストOSでIE6を使う。
  • ホストOSでIE6を使い、ゲストOSにIE7を入れる。

IE7が、WindowsXP SP2以降でないとインストールできないことを考えれば、要求されるスペック的にも前者の方が良さそうです。ホストOS(=WindowsXP SP2)にIE7を入れて、ゲストOSには何か適当なWindowsを入れてIE6を動かす、と。

…なんだけど、私のデスクトップPCには既に、IE7が導入済みのWindowsXPが動くバーチャルマシン(ファイル)があるんですよね。
ノートPC上(のVirtual PC上)で、1からWindows98なりWindows2000なりをセットアップするのが面倒だったので、このファイルをそのままノートPCに持っていって動かしてみました。
※このVirtual PC上のWindowsXPはMSDNから得たもので、ホストOSとして動いてるWindowsXPとは別物。なので、ライセンス的には問題なし。(通常のパッケージのWindowsだと、同一PC上で動かしてても、ホストOSとゲストOSに同じパッケージのWindowsを使うことはできないようです…。)

WindowsXP上でWindowsXPを動かすと、ずいぶん重たくなるイメージがあったんですけど、なぜかサクサク動いてくれました。(^_^;;;
ううーん。やはり、このノートPCの搭載メモリ量が1.5GBあるのが良かったんだろうか?(Virtual Machineには512MB割り当て。)
搭載メモリ量が1GBなデスクトップPC上では、そこそこ重たかったんですけどね。^^;

というわけで、サクサク動くなら問題なかろう…ということで、「ホストOSはIE6で、ゲストOSでIE7を動かす」というスタイルに決定~。
これでしばらく使ってみます。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---