にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:49.

電撃文庫MAGAZINE 12月10日創刊らしい

電撃文庫MAGAZINEVol.50で刊行が終了した電撃文庫の小説誌「電撃hp」のあと、新しく創刊される小説誌「電撃文庫MAGAZINE」の発売日は12月10日だそうです。
今のところ、ドラマガのように月刊誌になるのか、電撃hpのときのように隔月刊になるのかは分かりませんが。どっちなんだろう?

メディアワークスのウェブによると、なぜか「月刊コミック電撃大王」の増刊扱いらしいです。^^;;; マンガ誌の増刊で小説誌を出すのですかー。
まあ、「キャラの!」だって、小説とは何も関係なさそうな月刊ホビージャパンの増刊という扱いだけど。
既存雑誌の「増刊」だと言えば、なんか刊行に関する作業が楽なんですかね?

……と思ったら、謎の七面鳥さんから、こんなコメントを頂きました。

Wikipediaにこんなのが載ってます。
雑誌コード割り当て問題
要は雑誌コードのほとんどがすでに割り当て済であり、新規でこのコードを取得することが相当に難しいと。
そのため、既存雑誌の増刊と言うことにすれば、同じ雑誌コードが使えるため、雑誌として書籍流通に乗せることができるということらしいです。

なるほど……。雑誌コードにはそんな問題があったのですね……。知りませんでした。コードが枯渇してるのが原因で取得しにくいという事情があったとは。
雑誌が「廃刊」にせず「休刊」する理由がこんなとこにあったんですねえ~。

つーか、それ、雑誌コードという流通の仕組み自体に大きな欠陥があるんじゃないのか。(^_^;;;

まあ、というわけで、「電撃文庫MAGAZINE」が、「月刊コミック電撃大王」の増刊扱いになっているのは、雑誌コードの問題なんでしょう。たぶん。(^_^;)

そういえば、休刊してしまった「ファンタジアバトルロイヤル」も、「ドラゴンマガジン」の増刊扱いでしたね。まあ、あっちは「小説誌の増刊の小説誌」なので特に違和感はありませんでしたけど。

※上記の話は推測であって、実際のところどうなのかは分かりません。(^_^;)

=== (追記) ===
Amazon.co.jpで、「電撃文庫MAGAZINE」の予約注文が始まったようです~。
電撃文庫MAGAZINE (マガジン) 2008年 01月号 [雑誌](@Amazon)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---