にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:26.

大いなる陰謀-Lions for Lambs- 見てきた

トム・クルーズ主演「大いなる陰謀」(Lions for Lambs)を見てきました。
これ……、すげえ。映画のタイトルから想像してた内容とはずいぶん違ってたんですけど、この内容はすごい……。見て良かった。
実は結構これ名作なんじゃ?とか、見終わってから思ったり。
うまく説明はできませんが(^_^;)、これは「当たり」だった気が。

この映画、92分の本編中、ほとんど3箇所のシーンだけで物語が進みます。

[視点1] 上院議員のオフィス : 野心に満ちた上院議員と、TVジャーナリスト
[視点2] アフガニスタン : 夜の雪山で敵に囲まれた兵士2人と、救助を検討する基地
[視点3] 大学の教員研究室 : 大学教授と、優秀だったのに無気力になった学生

この3つの視点が交互に切り替わりながら話が進みます。視点1→視点2→視点3→視点1→視点2→視点3……みたいな感じで。他のシーンも少しはあるけど、基本的にはこの3点で進みます。それだけで進むのに、おもしろいです。
映画本編は92分で、物語内の時間もだいたい1時間に起こった出来事が描かれてます。

見る前は、アメリカの政治劇かなと思ってたんですけど、そうではなく。こんなに考えさせられる内容になってたとは思いませんでした。

終わりの方で、この大学教授が言ったセリフがずいぶん記憶に残ってます。
正確には覚えてませんけど、以下のような感じだったはず。

  • 可能性と将来性は気まぐれ。いつの間にか消えてる。
  • いつ大人になったのか。問題は、境目がハッキリしないこと。
  • 誰も君を守ってはくれない。今の自分の選択に責任を持たねばならない。

■大いなる陰謀(Lions for Lambs)公式サイト
http://movies.foxjapan.com/ooinaru/
■大いなる陰謀 予告編動画
http://microsites2.foxinternational.com/jp/ooinaruinbou2/

ちなみにこの映画、原題の「Lions for Lambs」が1つのキーです。邦題は「大いなる陰謀」という全然異なる題名になってますが。(まあ、そのまま直訳すると意味が分からんので仕方ないかも知れません。^^;;;)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---