にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:19.

警報を聞いたら誤報と思う?(^_^;)

先日、とある駅前のショッピングセンターで買い物をしていましたら、断続的に火災警報が鳴りました。鳴り始めてもすぐに消えるので、「どうしたんだろう?」と思っていましたら、「今原因を調べていますので今後のアナウンスにご注意下さい」みたいなアナウンスが流れて、10分くらいしてから「誤報と確認されました」とアナウンスされました。

「誤報だ」って、どうやって結論を下すんですかね?
火気を検知した場所まで行ってみて、特に火の手が見えなかったら結論を下すのかな?

ところで、「火災警報」といっても、かなり落ち着いた警報でした。
短い警告音が数回鳴った後に、「火事です。火事です。館内西側で火災が発生しました。」という感じの落ち着いた男声で放送されるだけなんですよね。以前、大阪駅の1階で火災警報のテストに遭遇したときに聞いたのと同じ声だった気がします。メーカーが一緒なのか、それとも何か決まりでもあるのか。^^;
落ち着いた声なのは、あんまり派手な警報にするとパニックになるからでしょうか?

最初に火災警報を聞いたとき、まず思ったのは「誤報だろうな」ということでした。
周囲を見渡しても慌ててる人なんて居なくて、みんなのんびり買い物してたので、たぶん(少なくとも私の周囲に居た人々はみな)誤報だと思ってたんでしょう。

警報が鳴ったらとりあえず誤報だと思うってのは、いざというときにはわりと危険なんじゃないかと思うんだけど、どうなんだろう?(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---