にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:08.

Webalizer生成のファイルがでかい

サーバ占有量私がウェブの公開に利用しているメインサーバのアクセスログが、8月7日を最後に今まで生成されていなかったのに気付きました。
ディスクスペース(1GB)の占有割合が80%を超えるとアクセスログが生成されなくなる仕様のサーバなんですが、調べてみたところ86%程度食ってました。(^_^;;; 860MB。

何がそんなに容量を食っているのか……というのは調べるまでもないんですが、まあ念のため調べてみると、案の定、これまでのアクセスログ自体でした。日々生成されるアクセスログも、当然ディスクスペースを食っていきますので、定期的にダウンロードしてサーバから削除しないと、ディスクスペースがいっぱいになってしまいます。(※ログがディスクスペースを食いつぶさないように、80%を越えると生成されなくなる仕様になっています。)

Webalizer解析結果ページどうやら、既存のアクセスログだけで、領域の50%近くを占有していたようです。そういえばここ最近は忙しくてログのダウンロードも削除もしてなかったんですよね……。

Apacheの生ログ(gzipで圧縮済み)だけだとそんなに容量食わない(1日分で1.7MB程度)んですけど、アクセス解析ツールであるWebalizerが生成する解析結果ファイル(HTML)がかなりでかいです。だいたい1ヶ月分で50MB程度になります。ウェブ上で解析結果が閲覧できるよう、まったく圧縮されないのが原因でしょう。なので、これを溜めると大変なことになります。もし1年分放置すれば、それだけで600MBになります。(^_^;;;

というわけで、古いログをダウンロードしてサーバから削除し、結局58%にまで占有容量を下げました。明日からはまた、アクセスログがちゃんと生成されることでしょう。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---