にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:00.

猫と発泡スチロール

自宅のガレージには、縦列駐車する自動車同士が接触してしまわないよう、緩衝材として(廃タイヤに接着した)大きな発泡スチロールが置いてあります。

その発泡スチロールを、野良猫だか飼い猫だか知りませんが、どこからかやってきた猫が爪でカリカリ削ります。(笑)
発泡スチロールは柔らかいので、爪を研ぐ役割はまったく果たさないでしょう。
事実、ガレージには細かく削られた発泡スチロールの破片が散らばってるだけです。^^;;;

ネコ……、爪を研ぎたかったのか、それとも発泡スチロールが崩れるのがおもしろかったのか……。謎です。何がしたいんだろうか。^^;

夜、帰宅するときによく猫を目撃します。ずいぶん遠くの人間の気配を察知できるようで、家2件分くらいの距離に近づいた段階で、はっとした表情でこっちをじーっと見つめてきます。置物のように固まって、一瞬たりとも視線は外しません。私がさらに近寄って、5~6mくらいまで接近すると、飛ぶようにどこかに逃げていきます。
ううーん。危害は加えないのにー。(´・ω・`)

……という話をしてみましたら、てっどさんから次のようなコメントを頂きました。(一部修正)

ネコは発泡スチロール大好きです。
堅すぎず、柔らかすぎず、ツメが引っかかるあの感触がいいのでしょう。
にししさんもネコミミを付ければ、お友達と思って寄ってくるかも知れませんw

いやいやいやいや……。(笑)
そのあと、「貸しますよ」というメッセージまで頂きました。(笑)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---