にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:25:23.

線路に転落した場合の非常ボタンって

今日、JR宝塚線の普通電車に乗車していたときのこと。
車内アナウンスで、車掌さんが以下のようにおっしゃいました。

線路に転落された場合には、ホームの非常ボタンを押して下さい

よっぽど腕が長くないと押せないんじゃ……?

線路からホーム上のボタンを押そうとすると、だいたい腕の長さは3~4メートルくらいは必要なんじゃないかと。(^_^;;;

……まあもちろん、「線路に人が転落したのを目撃した際には、ホームの非常ボタンを押してね」ということが言いたかったんでしょうが。(普段のアナウンスはそういう内容ですし。^^;;;)

しかし、それを聞いて思ったんですけど。
自分が線路に転落してしまった場合で、ホーム上に人が居なかった場合、どうやって自分の存在を知らせたらいいんでしょうかね……?
ホーム上だけでなく、ホーム下(線路の横)にも非常ボタンが必要なんでは……?

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---