にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:08.

線路に転落した場合の非常ボタンって

今日、JR宝塚線の普通電車に乗車していたときのこと。
車内アナウンスで、車掌さんが以下のようにおっしゃいました。

線路に転落された場合には、ホームの非常ボタンを押して下さい

よっぽど腕が長くないと押せないんじゃ……?

線路からホーム上のボタンを押そうとすると、だいたい腕の長さは3~4メートルくらいは必要なんじゃないかと。(^_^;;;

……まあもちろん、「線路に人が転落したのを目撃した際には、ホームの非常ボタンを押してね」ということが言いたかったんでしょうが。(普段のアナウンスはそういう内容ですし。^^;;;)

しかし、それを聞いて思ったんですけど。
自分が線路に転落してしまった場合で、ホーム上に人が居なかった場合、どうやって自分の存在を知らせたらいいんでしょうかね……?
ホーム上だけでなく、ホーム下(線路の横)にも非常ボタンが必要なんでは……?

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---