にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:06.

フォルダのツリー構造をテキスト化するにはtreeコマンドが便利!

フォルダ構造をテキストでツリー表示できる「tree」コマンドフォルダのツリー構造をテキストで表現したい場合がよくあります。ソフトウェアやCGIなどの構成ファイルを説明する際とかに。
フォルダ構造をツリー表示できるソフトウェア(エクスプローラなど)を使って該当部分を表示させ、画像化する手もありますが、テキストでツリー構造が欲しい場合もあります。
そんなときに便利なのが、コマンドプロンプトから使えるtreeコマンド

これ、チョー便利です。

久しく存在を忘れていたんですが、長いツリー構造を説明用にテキストで用意する必要が出て、「何か楽な方法はないかな……」と考えていたところ唐突に思い出したのでした。

treeコマンドは、カレントディレクトリ以下のサブフォルダを、テキストを使ってツリー構造で表示してくれるコマンドです。
Windowsのコマンドプロンプト上で動作します。

「tree」コマンドを異なるカレントディレクトリで実行させた例

上図の左は、Cドライブのルートフォルダからtreeコマンドを実行した例。
右は、「スタートメニュー」フォルダからtreeコマンドを実行した例。

treeコマンドの使い方

treeコマンドの使い方は簡単で、ツリー構造を表示させたいフォルダをカレントディレクトリにした上で、treeと打てばいいだけ。
カレントディレクトリにしなくても、パラメータに直接パスを記述すれば、指定したパスをルートにしたツリー構造が表示されます。

tree /?
ドライブやパスのフォルダ構造を図式表示します。

TREE [ドライブ:][パス] [/F] [/A]

   /F   各フォルダのファイル名を表示します。
   /A   拡張文字ではなく、ASCII 文字で表示します。

例えば、ルートにしたいフォルダをカレントディレクトリにした上で

tree > dirtree.txt

などのように打てば、ツリー構造をテキスト化して dirtree.txt ファイルに格納できます。
これで簡単にツリー構造をテキスト化できるので、かなーり便利。
ツリーを表現する文字には、デフォルトで2バイト文字の罫線「└」とか「├」とかを使ってくれます。

オプションに「/f」を加えると、ツリー構造の中にファイル名も含めて出力してくれます。なので、フォルダごとのファイル名一覧をテキストで得たい場合にも便利。
「tree」コマンドを/Fオプション付きで実行した例
▲「/f」を加えて、ファイル名も一緒にツリーで表示させた例

オプションに「/a」を加えると、ツリーを表現する記号に2バイト文字を使わず、アスキー文字だけで表現されます。
「tree」コマンドを/Aオプション付きで実行した例
▲「/a」を加えて、アスキー文字だけでツリーを表現した例

この場合、半角の「|」記号や「+」記号などでツリー構造が表現されます。
がー、日本語環境下だと、本来バックスラッシュ記号で表現されるはずの箇所に「円マーク」が使われてしまいます。
これだとツリー構造がよく分かりません。(^_^;;;
まあ、欧文フォントを使って表示させたり、後から加工することを考えれば、このオプションの方が便利なこともあるかも知れません。^^;

というわけで、なかなか便利なtreeコマンドです!
ちなみに本体は、C:\WINDOWS\system32内にある tree.com のようです。(Windows XPの場合は)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---