にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:59.

Blu-ray(DVD)・HDD一体型テレビの問題点

昔々、テレビとビデオデッキが一体になった「テレビデオ」という機器が販売されていましたが、最近はまた、テレビとレコーダーが一体になった「Blu-ray内蔵液晶テレビ」とか「HDD内蔵液晶テレビ」とかが販売されています。

これらの「DVD・HDD一体型」製品は、省スペースというメリットはありますが、片方が壊れたときに困るというデメリットもあることをしっかり認識しておいた方が良いと思います。

Blu-ray・DVD部分やHDDが壊れた場合には、最悪でも別のレコーダーを買って接続するという手が使えます。しかし、テレビ側が壊れた場合には、内蔵Blu-rayや内蔵HDDも使えなくなることになります。
これ、結構痛いと思うんですけどね。(^_^;;;

テレビとレコーダーは(物理的に)別々に用意した方が良いと思うです。

まあ、「ほとんど録画はしない」とか、「録画しても溜め込まずにすぐに見て、さっさと消す」という場合みたいに、「壊れたら壊れたで仕方がない」と割り切れる上で、「できるだけ省スペースの方が良い」というのであれば、まあ一体型でも良いと思いますが。(^_^;;;
そうでないなら、テレビはテレビ、レコーダーはレコーダーで用意した方が良いでしょうね。

HDD Blu-ray搭載レコーダー(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---