にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:59.

ドイツ語版「ツバサ」第1巻をお土産にもらった!

年末年始にヨーロッパへ旅行に行かれていた藤崎さんから、「ツバサ -RESERVoir CHRoNiCLE-」コミックのドイツ語版をお土産に頂きました!(下記写真)

「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」ドイツ語版(表紙) 「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」ドイツ語版

ドイツ語版のタイトルロゴ(TSUBASA)が「ナラリBAラA」に見える……。(^_^;;;

みんなドイツ語喋っててちょっと面白いです。(笑)
日本語版コミックと比べてちょっと本の背が高いんですね。
中身は、もちろんすべてドイツ語に書き換えられているんですが、読み進める方向は日本語版と同じで右から左。最近の外国版日本コミックは、どこもみんなそういう仕様なんですかね?

サクラ姫が雪兎を呼ぶ台詞が「Yukito-san!」になってたんですけど、「-san」が人の名前の後に付ける敬称だというのは、ドイツ語圏の人々であっても日本コミック読者には周知のことなんでしょうか?(^_^;)

大学の学部生時代、第二外国語はドイツ語を選択しました。
某R大で1年間、某K大で2年間の計3年間ほどドイツ語を学んだハズなんですが、もうすっかり忘れたな……。(笑)
1~10までは辛うじてドイツ語で言えますが、スペルは完全に忘却しました。^^;

ツバサ -RESERVoir CHRoNiCLE-(@Amazon.co.jp)
Tsubasa: RESERVoir CHRoNiCLE(洋書版@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---