にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:46.

プライバシー保護のため患者名を呼ばなくなってた

病院受付票今月から市民病院の受付方法が変わって、患者を呼ぶ際に名前ではなく番号を使うようになっていました。患者のプライバシー保護のためだそうな。

病院へ行くと、まずは再来受付機に診察券を挿入します。すると、その回限りの受付番号が発行されます。どの診療科の窓口でも、患者の名前ではなくその受付番号で呼ばれるようになっていました。「189番でお待ちの患者さまー、6番の診察室にお入りくださいー」みたいな感じ。

名前を呼ぶと同姓の人が呼ばれたときに自分だと勘違いしたりする可能性もあるので、番号で呼ぶのは良い改変だという気がします。ただ、番号はあくまでも受付順であって、(銀行窓口とかの整理券と違って)診察順ではないため、「自分が呼ばれるまでにあと何人待たないといけないか」といった情報は(番号からは)推測できないんですが。その辺が分かるような発行の仕方になっていると、なお良かったですけどね。(^_^;)

ただ、番号は「発券順」ではあるようなので、仮に自分が189番だった場合で、自分の直前に50番の人が呼ばれた場合、「ああ、この人はそこそこ長く待っているんだなあ」くらいのことは分かりますが。(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---