にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:42.

補助単位を使うなら4桁以上の数値は出さないように

最近の放射線量の報道で特に思うんですが、「ミリ」とか「マイクロ」とかの補助単位を使うなら、1,000以上の値を言うときには補助単位を切り替えないと分かりにくいです。

逆に1,000以上の数値で表記したいなら、最初からどの補助単位を使うのかを固定しておくか、補助単位を全く使わないことにした方が誤解が発生しにくくて良いと思います。

例えば、「 1Sv 」と「 990mSv 」なら、なんとなく後者の方が大きそうに見えてしまいますが、実際は前者の方が大きい値です。

「タウリン 1,000mg」と「タウリン 1g」では、なんとなく前者の方が多そうに見えてしまいますが、実はどちらも同じです。

「 1Sv 」と「 1,000mSv 」と「 1,000,000μSv(百万μSv) 」は、すべて同じ値です。
「 1μSv 」と「 0.001mSv 」と「 0.000001Sv 」は、すべて同じ値です。

このように、補助単位を調整すれば『書き手の意思』で多そうにも少なそうにも見せられます
だからこそ、事実だけが伝わりやすいように、報道では補助単位を統一するか、もしくは補助単位を使わないことにした方がいいんじゃないかな……と思います。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---