にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:56.

アイコンフォントセット「Font Awesome」の使い方を解説

アイコンをWebフォントで表示できる「Font Awesome」ウェブ上に掲載して利用する「アイコン」というと、通常は「画像」ですよね?
ところが、200種類を超えるウェブ向けの実用的なアイコンが、すべて「フォント」の形で提供されている「Font Awesome」というフリーのフォントセットがあります。これを使うと、アイコンを(画像ではなく)「文字」として表示できます。

CSS3の「ウェブフォント」機能を使えば、ウェブサーバ上にあるフォントファイルを読み込んでブラウザ上の表示に使えます。閲覧者の環境側にフォントがインストールされている必要はありません。なので、CSS3に対応したブラウザ(最近の主なブラウザはみな対応しています)を対象にする限り、アイコンを文字として簡単に表示できるようになります。

「Font Awesome」を使って表示するアイコンは、あくまでも「文字」なので、大きさも配色も自由自在!という大きなメリットがあります。フォントで実現されたアイコンなので、画像で作ったアイコンにある「配色が固定されてしまう」・「綺麗に拡大縮小しにくい」・「容易に(色や大きさを)修正できない」といったデメリットがありません。

そんな「Font Awesome」の使い方を解説した記事を、All Aboutで公開しました。使い方は、指定のclass名を付加するだけというお手軽なものです。ぜひ、試してみて下さい。

『アイコンをWebフォントで表示できる「Font Awesome」』(@All About ホームページ作成)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---