にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:55.

Adobe、思い切ったサービスをするなあ……と思ったら違ってた(^_^;)

昨夜から今朝にかけて、「Adobeが古いソフトウェアを無料公開した」という話題でTwitter上がかなり盛り上がっていました。ラインナップには、PhotoshopとかAcrobatとかDreamweaverとかの旧バージョンが結構たくさんありました。

これを聞いて(見て)、
旧バージョンとは言え、Adobeも思い切ったサービスをするなあ……
……と思っていたんですが、今日の昼頃に、「無料配布したわけではない」という発表が出ていました。(^_^;;;

◆『AdobeがCreative Suite 2など12タイトルの無料ダウンロードを可能に』(@GIGAZINE)
◆『「無償でライセンス提供していない」アドビ、CS2ダウンロード騒動に正式コメント』(@CNET Japan)

既存ユーザ向けのアクティベーション用サーバが運用できなくなったために、既存ユーザ向けに「無料ダウンロード」と「専用(共通)シリアルナンバー」を公開した、ということのようです。
誰でもダウンロード可能な状態にはなっていますが、正規のライセンスを持っていない人がダウンロードして利用すると、ライセンス違反になるとのこと。

これ、誤解の元は「Adobe IDさえ持っていれば、正規のユーザであるかないかに関係なく、誰でもダウンロードして利用できる」という状態で公開されたことですよね。
当該製品のユーザ登録をしている人々にだけダウンロードできる仕組みであれば、こんな話題にはならなかったわけで。
さすがにAdobeほどの企業が、「そうできたのにしなかった」ということはないと思うので、「そうできなかった」ということなんですかね……?

アクティベーション用のサーバを落としたというのは、ユーザ登録情報も参照できなくなった……ということなんでしょうか。
ユーザ登録済みソフトウェアのリストというのは、別途Adobe ID(とか何かユーザに与えられるID)とは紐付いてないんですかね……?
(シリアルナンバーの正否がチェックできなくなったというだけなら、正規の(ユーザ登録済み)購入者にだけ「無料ダウンロード」と「専用(共通)シリアルナンバー」を提供すれば良いわけで……。)

過去にそのユーザがどのソフトウェアを購入したか、という情報すら参照できなくなったということだとしたら、今後のバージョンアップ版の購入権のチェックとかができなさそうな気が。……って、そういえば、古すぎるソフトからのバージョンアップは元々できなかったんでしたっけ。^^;

ここまで書いてふと思ったんですが、ダウンロードページに「正規のユーザ以外はダウンロードしちゃダメよ」といった注釈が最初から書いてあれば、ここまで大きなニュースとして誤解が広まったりはしなかったんではなかろうか……。(^_^;;;
今は、ダウンロードページにちゃんと注釈が付加されているようです。^^;

◆『アドビ、PhotoshopなどのCS2製品群を無償で公開するも一騒動に ―既存ユーザー向けの救済措置』(@ガジェット速報)

お騒がせなAdobeさんでありました。^^;

コメント

おお

投稿者 Anonymous : 2013年01月12日 08:53

コメント数: 1件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---