にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:19.

2つの湿温度計を並べてみると

2つのデジタル湿温度計を、同じ場所に2時間ほど並べてみました。
それがこの写真。それぞれ、室温は17.2度と17.9度、湿度は60%と66%と表示されています。

CASIO製の温度・湿度表示機能付き電波時計と、クレセル製の温湿度計。

室温はほとんど同じですが、湿度はちょっと異なりますね。
まあ、6%しか違わないので、これも「ほとんど同じ」と言っても良いかも知れませんが。^^;
写真右側の温度と湿度だけが表示されている湿温度計は、10秒ごとに計測結果を表示しているようで、手に持って顔を近づけると、湿度が頻繁に変化(向上)します。吐く息だけでぐんと上がるんですねえ。

両者はそれぞれ以下の機器です。

気温と湿度を表示するのはどちらも一緒ですが、

  • 左側(CASIO)には、電波時計・アラーム・ライト機能があり、
  • 右側(クレセル)には、最低気温・最高気温・最低湿度・最高湿度の記録機能があります。

価格は、機能の多い電波時計の方が安いです。(^_^;;;
まあそこは需要の違いなんでしょうかね?^^;

湿温度計にある最低値・最高値の記録機能は、ちょっと面白いです。
ずっと室内において使っているんですが、最低気温は7度、最高気温は35度でした。夏は結構気温が高かったんですねえ。いつ買ったのかは忘れましたけども、もう1年近く使っているのかな……。1年は経っていないかも知れませんが、半年は超えている気がします。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---