にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/11/02. 13:07:29.

クライアント側のスクリプトで動的出力されたHTMLソースを見る方法(ブラウザ別)

JavaScript実行結果として出力されたHTMLソースを見るウェブページの一部をJavaScriptなどのクライアントサイドで動作するスクリプトで生成している場合、「スクリプトが実行された結果として、どんなHTMLソースが出力されているのか?」の内容を確認したい場合があります。
代表的なブラウザの中ではFirefoxが最も簡単に表示できるようで、約3年前にこのブログでもネタにしました。

ただ、最近のブラウザにはどれも解析ツールが内蔵されていて、それを活用すれば、クライアント側のスクリプトで動的に出力されたHTMLソースも含めて表示ができます。なので、Firefoxだけでなく、IE(の開発者ツール)、Chrome(のDeveloper Tools)を使って同様の操作をする方法をまとめて解説した記事をAll Aboutに書きました。

JavaScript実行結果として出力されたHTMLソースを見る @All About ホームページ作成

ブラウザの「ソースを表示する」機能では単にJavaScriptソースがそのまま見えるだけですが、ブラウザ内蔵の解析ツールを使うなどすれば「スクリプトが出力したHTMLソース」を表示することはどのブラウザでも簡単です。また、動的に生成された内容を他人に説明したい際などには、出力内容をそのままHTMLファイルに保存できると便利です。その方法もブラウザ別に解説しています。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---