にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/07/11. 16:38:00.

SONY製ノイズキャンセルイヤホン「MDR-NWBT20N」を電車内で使ってみた

SONY製ノイズキャンセル・イヤホン[MDR-NWBT20N W]先日、SONY製のノイズキャンセル機能付きワイヤレスBluetoothイヤホンを買いました。
ノイズキャンセル機能は初めて体験したんですが、かなり騒音が軽減されて驚きました。すごく静かですね!

電車内がそこそこ静かになる

ノイズキャンセルイヤホンは電車の中で動画を視聴するために買いました。実際に電車の中で使ってみると、車内の騒音(電車が走行する音やエアコンの稼働音など)もかなり軽減されて驚きました。

さすがにトンネル内の騒音だと完全に消えるには至りませんが、それでも(本来は隣に座っている人間との会話もままならないくらいの騒音なので)そこそこ軽減されて動画の音声もそれなりには聞こえるので便利です。

ここまで外部の騒音をキャンセル可能だとは予想していませんでした。
便利ですねえ。

▼アナウンスの音声はしっかり聞こえる

電車の騒音はかなり軽減されますが、アナウンスの音声はよく聞こえます。多少は小さくなるかな?という程度で。
たぶん、人間の声は軽減しようがないんでしょう。ずっと連続するような音ではありませんし、そもそも人間の耳は人間の声の周波数が最も聞き取りやすいようになっているでしょうし。(^_^;)

まあ、電車に乗っている場合、アナウンスは聞き逃さない方が望ましいので、そこは問題ありません。そんなにひっきりなしにアナウンスされるわけでもありませんし。^^;

ワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン「MDR-NWBT20N」白色

購入した製品は、SONY製のワイヤレス・ノイズキャンセリング・イヤホン「MDR-NWBT20N」です。
Bluetoothで機器と通信するので、本体と機器とをケーブルで繋ぐ必要がないので若干楽ですね。
この製品には色の選択肢が5種類あったんですが、一番(装着時に)目立たなさそうな白色を買いました。^^;

本体部分の裏面はクリップになっていて、自分の服などに簡単に留められるようになっています。これもなかなか使い勝手が良くて便利でした。胸ポケットあたりに留めておけば、イヤホンケーブルはほとんど延ばさなくても良い感じです。

▼バッテリは8時間くらい持続。残量確認は電源ランプの点滅回数で

ワイヤレスなので、稼働電力はバッテリ経由です。なので充電が必須。
1回の満充電でだいたい8時間くらい使えると説明書には書いてありました。
電源を入れた瞬間に、赤い電源ランプが点滅します。その回数でバッテリの残量がだいたい把握できるっぽいです。残量が多ければ3回点滅、中くらいなら2回点滅、少なければ1回だけ、みたいな感じで。

バッテリ残量を数値で把握することはできないので、電源をONにした直後に、何回点滅するかに注目しておく必要があります。とはいえ、電源をONにするときには当然視線は電源スイッチに向いているので、その場で点滅を確認できますから、特に不便はありません。
(理想を言えば、Bluetooth接続機器側でイヤホン側のバッテリ残量を確認できる仕組みがあればもっと便利だったかもしれませんが。^^;)

▼充電はUBSケーブルで

充電は付属のUSBケーブルで、PCのUSB端子なり、USB充電器なりに繋いで行います。
本体の端にマイクロUSB端子が隠された部分があるので、蓋を開けてケーブルを接続します。
PCのUSB端子に繋ぐ場合は2時間くらいで満充電になるようです。

付属の充電用USBケーブルは50cmくらいあります。(※本体の色は白色を選択しましたが、付属のUSBケーブルの色は黒色でした。充電用だから本体のカラーと合わせる必要はない、ということなんでしょうかね?^^;)
説明書には付属のケーブル以外使うなというようなことが書かれていましたが(^_^;)、ただの[USB-MicroUSB]ケーブルなので、別に他の何を使っても問題ないだろうと思います。

最近はUSBケーブルで電力供給する機器もずいぶん増えましたねえ……。壁の電源から直接USB機器へ充電できる充電器もあるんですが、iPod touchやタブレットなどに同時に消費するとポートが足りません。(^_^;)

▼電源ON/OFFやペアリングなど

イヤホンを耳に装着してから電源をON/OFFすると、ぴろりん♪的な音が聞こえるので分かりやすいです。
そして、電源投入後ほんの1~2秒程度でノイズキャンセル機能が働いて、すごく静かになります。
エアコンの稼働音くらいなら、簡単に消えてくれますね。

私はタブレット(Nexus7)とBluetooth接続して使っています。最初のペアリング操作にも特に問題はなく、あっさり繋がりました。
一度ペアリング作業を済ませておけば、機器(タブレット)との接続も、タブレット側のBluetooth機能で操作してから概ね1~2秒くらいで完了します。
楽々です。

▼満足

というわけで、とても満足しています。
価格はだいたい6千円くらいでした。
この性能と価格なら、リーズナブルと言えるのではないでしょうかね?

※元々騒音のある電車内でのみ使うことを目的に買ったので、あまり音質にはこだわりませんでした。音楽を聴く目的ではないですし、そもそも電車内なのでそんなにクオリティの高い音が出力されたとしても、完全に騒音が消え去るわけではないのでそこまでクッキリハッキリとは聞こえないでしょうから。

※注:私はタブレットで再生される動画の音声を(電車内で)聞くためにこれを買ったので特に問題ないんですが、このイヤホンは電話には使えないようなので、スマートフォンで使おうとする場合には注意が必要かもしれません。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン MDR-NWBT20N : Bluetooth対応 ホワイト(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---