にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:31:03.

せめて改ページくらいしてくれ^^;

ワープロソフトといえばMicrosoftのWord、というのがもう標準ですから(一太郎さんごめんなさい^^;)、大学の論文(卒論・修論とか)でもほとんどWordで書かれます。
今期の学部生も、(うちのゼミでは)みんなWordで書いていたと思います。

ある程度長い文書を書く場合、Wordに搭載されているいろんな機能を活用する方が、便利に作成できます。
例えば、各ページにページ番号を振ったり、目次を自動的に生成したり、といったものです。

それらの機能を有効に活用して論文を作ってくれるといいんですが、どうも、それ以前の問題で、「それを使わなかったら相当不便では?」と思う機能すら、活用できてない人が多いように思います。

一番気になるのは、「改ページ」機能を全く使わない人。
この機能を使わないなんて、私には考えられないんですが、実際にこの機能を使ってない人が多いです。

では、どうやって改ページするか?
というと、ページの終わりまで、ひたすら改行しまくって、次のページに送ってるんですね。

この方法は非常に後々面倒だということが分かっていないのか、それとも分かってるんだけど、「改ページ」という機能が存在することを知らないのか。

PCの初心者には、「改行できる」ということすら知らない人が居ます。
そういう人は、どうやって次の行に移るかというと、行末までひたすらスペースを打ちまくって、次の行に移ります。
この力業な改行方法がマズいことは、多くの人が分かると思うんです。
ではなぜ、それと同様に、ページ末尾まで改行を打ちまくってページを変えることが問題だと思わないんでしょうか?
向きが横から縦に変わっただけで、やってることは一緒なんですけどね。^^;

念のために説明しておくと...
「改ページ」機能を使わずに、ひたすら改行しまくって(=空行を作って)ページを変えると、途中に1行挿入するだけで、それ以降の全てのページ構成が1行ずつずれておかしくなってしまいます。ページ数が多ければ、これを修正するのは非常に手間です。

(改行するために、行末に空白を打ちまくって改行させている文書の途中に、文字を挿入することを考えれば、容易に分かると思いますが。)

また、1ページあたりの行数設定を変更した場合や、用紙設定をA4からB5に変えたりした場合でも、全ページを修正しなければならなくなります。

「改ページ」機能を使えば、途中に何行挿入しても、ページを変えたいところで適切にページが変わります。もちろん、1ページの行数を変更しても、用紙サイズを変更しても、望む箇所でページが変わります。

なんでこういう話を今するかというと...

今、複数の人が書いた論文を合体させて、1つのでかい文書を作成しているからなんですが。^^;

目次機能とか、図表番号機能とかを活用して作成してくれれば、コピー&ペーストだけで、適切に目次が作成できて、図表番号も適切に番号が振られるのでありがたいんですけど、そこまでは望まないから、せめて改ページくらい使ってくれ、…と思うんです。^^;;;

コメント

同じようなことですが、中央揃えを使わない
っていうのもあります。
公文書に近いものでもそんなことがありますです。
文字を追加すると、大変なことになります。

投稿者 ほりきり : 2005年03月30日 18:43

 そーかー。
改ページ機能なんて便利な物あるんだー。(笑)
おかげでいつも大変なことになっております。
本読んで使い方を勉強でもしないとそんな機能知らないと思うー。
他にも機能を知らないためか「Wordって使いにくいなー」と思うことが多々あります。

投稿者 LLたまご : 2005年03月31日 18:42

--- ほりきりさん:
> 中央揃えを使わないっていうのもあります。

ああ~、これもありがちですね。(^^;)
左寄せ・センタリング・右寄せって、かなりベーシックな機能だと思うわけですが、知らない人は知らないんですね…。^^;;;

--- Lたまくん:
> 改ページ機能なんて便利な物あるんだー。(笑)

うーん、知らんかったか。(笑)
[挿入]→[改ページ]で簡単に挿入できるので、次から使って下さい。^^;

投稿者 にしし : 2005年04月04日 12:30

コメント数: 3件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---