にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:30:04.

ICOCA定期券で ICカード利用明細を出してみた

JR西日本ICOCA利用明細ICOCA定期券の利用明細を券売機で出力(印刷)させてみました。
ICOCAやSuicaでは、券売機で利用明細(乗降した駅名と日付とか)を印刷できます。
定期券利用範囲内の利用は印刷できないんですけど、IC切符として利用した場合(定期券の範囲外で利用した場合)は履歴に残るので印刷できます。
それが右の画像。(ICカードご利用明細)

日付からして、何に使ったのか(分かる人には)丸わかりですが。(笑)

ICOCAの場合、JR東日本圏内や、りんかい線圏内で利用した場合、駅名までは印字されないのですね。JR東日本圏内での利用分は、全部「JR東」という表記になってます。りんかい線も同様に、全部「東臨」となってます。

# 「りんかい線」は、東京臨海高速鉄道。

JR西日本圏内で利用した場合にのみ、駅名が表示されるみたいです。まあ、上記の場合、「京都」と「高槻」しかありませんけど。^^;

で、この利用明細、無駄に磁気切符と同じ素材に印刷されてますよ…。(^^;;;
この「ICカードご利用明細」の裏面は黒です。普通の磁気切符と一緒。もっとも、磁気では何も記録はしてないんでしょうけど。

利用明細だから、普通の白い紙にでも印刷すれば良さそうなもんですが。券売機の仕組みとして、切符(を印刷する)素材と普通の紙の2種類を用意するのが難しかったんでしょうか?(スペース的に?)

ちなみに、ICOCA定期券にチャージしたときに、「領収書を発行する」という選択をすると領収書が印字されるんですけど、それも、この磁気切符と同じ素材に印刷されて出てきます。^^;
なんか、かなりもったいないような?(^^;;;

コメント

印刷面の内容から「ああ、あの時に使ったのね」とわかる内容でw

それはともかく、確かに磁気切符と同じ素材って言うのは無駄な気がしますね。
普通の紙に印刷するというのは、コスト的にあきらめたのかな?という気もしますね。
たとえば、普通紙にするとしても、印刷する素材(インクと紙)も選定しなおさなければならないでしょうし、印刷するソフトのロジックの組みなおし(紙の切断も含めて)も考える必要があるのかもしれません。
磁気切符であれば、切断する部分はそのままなんですから、印刷面部分だけの書き換えで済む・・・と。

「如何にランコストを低くするか」というより「如何に導入コストを安くしてユーザーを囲むか」という部分で決定したのですかね。

んー、考えれば考えるほど謎なのかも。

投稿者 宣伝中止! : 2006年01月10日 11:17

JRは、当然磁気切符のベース(紙)は大量に製造して保有してるでしょうから、普通の紙とほとんどコストは変わらないとか?(^^;)

もしかしたら、チャージの領収書とか利用履歴なんて、印刷したいと思う人はほとんど居ないだろう、という予測なのかも知れません…。(実際、私もネタとして印刷させてみただけで、普段は別に必要ないですしね…。^^;;;)

投稿者 にしし : 2006年01月10日 14:23

磁気関連とは関係ないのですが、知り合いにちょっと聞いてみました。

「会社に、交通費を請求するのに、印刷した結果と、交通費清算書に総額だけ書いたものを渡すだけで、清算が簡単になった」
という意見も。
以前は、全部、紙に書いて(もしくは原紙ファイルに記入して印刷)提出していたそうです。
そんな風に楽にするために利用されている、というのは、企業に勤めているから考え付くのかな?

私は「一年間にどんな散財をするために利用したか」という履歴の様な気もw
(そして一年の終わりに反省するのです。)

投稿者 宣伝中止! : 2006年01月10日 16:30

会社に出すのって、IC切符の利用明細書で構わないんですか?(^^;)
他の用途でも乗車している場合、それも一緒に印刷されちゃいますが…。
…ってまあ、会社の用事で乗る専用のIC切符を用意すればいいのか。^^;;;

今月21日から、ICOCAとPiTaPaの相互運用が開始されるんですけど、ICOCAで私鉄に乗ったときの表記がどうなるのか気になるところです。(^_^)

投稿者 にしし : 2006年01月10日 19:39

コメント数: 4件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---