にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:24:07.

HTMLファイルと関連づけされるブラウザを手軽に戻すには

プログラムのアクセスと既定の設定ブラウザをインストールすると、HTMLファイルの関連づけが変更されちゃったりします。最近のブラウザは行儀が良いので、インストール時に関連づけをどうするか選択できますけど、古いブラウザを(表示確認用として)インストールした場合、問答無用で関連づけを書き換えちゃうものもあります。(Netscape3とか)

そんなとき、手っ取り早くHTMLファイルの関連づけを戻すには、コントロールパネルにある「プログラムのアクセスと既定の設定」を使いましょう。

これ、ServicePackの当たっているWindows XPでないと、コントロールパネル内に存在しない機能だったような気がするので、まったくパッチをあててないWindows XPだったら使えない方法な気がしますが。^^;

コントロールパネルにある「プログラムのアクセスと既定の設定」で、「既定のWebブラウザ」欄から、望みのブラウザを選んでOKボタンをクリックすれば、その瞬間に、HTMLファイルの関連づけが、設定したブラウザに変わります。

これ、なかなか便利です。
特に、行儀の悪いインストーラで提供されているブラウザをインストールした後なんかに。

同様に、メールやオーディオ系ファイルの関連づけも、この機能から簡単に修正することができます。

この「プログラムのアクセスと既定の設定」機能がない場合、各アプリケーションに搭載されている関連づけ修正機能を使うか、関連づけしたいアプリケーションを再インストールするということくらいしか、関連づけを修正する手がないのですよね。マイコンピュータの[ツール]→[フォルダオプション]から関連づけを手動で修正可能ですけど、これアイコンの設定が戻らなかったり、なかなか一筋縄にいかないです。レジストリを直接編集する手もありますけど、余計に面倒くさいです。^^;;;
だから、「プログラムのアクセスと既定の設定」は、なかなかありがたい機能です。^^;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---