にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:55.

NHKドキュメンタリー「宇宙へ」(原題:SpaceRace)

NHKドキュメンタリードラマ「宇宙へ ~冷戦と二人の天才~」
原題:Space Race / イギリスBBC製作(2005年)

1950年代末期、東西冷戦が激しくなる中で宇宙進出を競いあうアメリカとソ連。国の威信をかけたこの開発競争は、一刻も早く相手の領土に到達し得る巨大ミサイルを手にしたいという超大国同士の、強い欲望と恐怖に突き動かされた激闘であった。この宇宙開発競争には莫大な費用がかけられ、ロケット打上げや有人宇宙飛行の失敗などによって多数の死者が出た。宇宙を目指したこの人類史上最大の試みは、先駆的であると同時に最もリスクの高い挑戦として科学史上に刻まれている。 二つの超大国には、それぞれ天才科学者がいた。一人はフォン・ブラウン。もう一人は、ソ連のセルゲイ・コロリョフ。二人の天才が、人類が初めてくぐる宇宙への扉を開いていく。

うへー。こんな濃いドキュメンタリー放送してたんかっ…。
全4回。第1~3回は放送済み。…見逃したっ。orz

第4回だけは、今夜放送なので、さっき録画予約しときましたっ。

フォン・ブラウンって実在の人物だったんですね…。「プラネテス」で木星往還船の名前に使われてて、それは宇宙開発の偉大な博士の名前からつけた、みたいな設定は知ってたんだけど、実在の人物だったとは。

ヴェルナー・フォン・ブラウン(@Wikipedia)

コメント

日本も速く有人宇宙飛行を達成したければ アメリカで開発されたドリームチェイサーを購入してH2Aロケットで打ち上げると速く無駄経費を賭けないで確実に宇宙に行ける

投稿者 増田二三生 : 2007年01月21日 08:29

コメント数: 1件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---