にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:09.

バックアップにAcronis True Imageを使ってみた

Acronis True Imageヨドバシ梅田で、バックアップ専用HDDとして、Maxtorの3.5インチバルクHDDを買ってきました。250GBで¥9,760円でした。Ultra-ATA。7200rpm。キャッシュ16MB。
HDD、安くなったねえ…。
同容量のHDDを現在メインHDDとして使ってますが、2年前くらいに2万円くらいで買ったような気がするんですけどね。(笑)

昔は、パーティションのイメージファイルを作成する形で、HDDを丸ごとバックアップしてました。2年前に(BIOSが認識できない)大容量HDDをメインHDDに変えてからは、バックアップソフトのDOSモードからHDDが正しく認識できなくなったので(^^;)、パーティションのまるごとバックアップは中止。更新されたファイルだけをファイル単位でバックアップするだけでした。

まあ、バックアップされてることに変わりはないのでそれでも構わんのですが、もし「復旧させねばならん」という状況になったとき、パーティションのイメージをまるごとバックアップしてある方が作業が楽です。

でるふぃさんとの思い出が詰まったメールを万が一にも失うわけにはいかない!と思ったら、2重3重にもバックアップしたくなったので、専用HDD を買って(買ったのは内蔵HDDだけどUSB接続で外付けにできるケースがある)、パーティションまるごとバックアップによるバックアップ方法も復活させることにしました。

最近の(イメージファイルを作成できる)バックアップソフトは、システムの入ったパーティションであっても、OSを止めることなくイメージの作成が可能なんですね。OSが動作している上から各ドライブを認識できるなら、BIOSが正しく大容量HDDを認識していなくても、ソフトウェア側はちゃんと認識できそうです。

OSを止めることなくバックアップ可能ということは、つまり、バックアップ目的のために(Windowsを終了させて)DOSモードに入る必要がないということです。すると、パーティションのイメージをまるごと作成する形でのバックアップもずいぶん手軽に可能ですね。
そんな理由もあって、再開しようかな...とは思ってたんです。最近。

バックアップソフトには、プロトンという会社がリリースしてる「Acronis True Image」というのを使ってみました。
まだ買ってません。
15日間有効の体験版が配布されてるので、それを落としてきて使ってみました。
なかなか高速だしいい感じです。

(BIOSが認識できていない大容量HDDは、認識できない可能性もあるので、事前に体験版でチェックするようにと注意書きがパッケージにあったので。^^; 結果は、問題なく認識できてました。)

作成したパーティションのイメージファイルは、まるまるHDDに書き戻すことでいざというときに対処可能ですが、その他、仮想HDDのようにWindows上でドライブ番号を割り当てて、中身をファイル単位で触ることも可能です。(もちろん書き換えや削除・追加は無理。)
なかなか使い勝手がいいです。

販売価格は、アカデミック版で¥6,500円くらい。
ダウンロード販売だと、¥5,200円くらいでした。
なお、ソースネクストから、簡易版「Acronis True Image Personal」もリリースされていて、そっちは¥1,980円

というわけで、このソフトを採用すると思います。

なお、リアルタイムのバックアップには、PowerQuestのDataKeeperを使ってます。DriveImageという、パーティションまるまるバックアップソフトに付いてるおまけバックアップソフト。(最近のバージョンは知らんけど、私の持ってるDriveImageは、システムのあるパーティションはWindows上からのイメージ作成は無理で、一旦PQ-DOSでDOSモードに入る必要があったりするのです。)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---