にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:23:09.

近い将来の死を確信している人々のフォーラム?

でるふぃさんがハルさんに託したメッセージから想像できること。

(1) でるふぃさんは、今年4月の時点で、あまり遠くない将来、自分が死んでしまうことを確信。

(2) 自分が死んだとき、その事実をネット友達に伝達する方法を検討。

(3) 「近い将来に死が迫っている人々」が集まって、「もし自分が死んだときには代わりにメッセージを指定したウェブサイトなどに投稿する」というようなフォーラムに参加。

…という感じ。

つまり、メッセージをBBSに届けてくれた「ハル」さんは、でるふぃさんとそれほど親しい関係にある人ではなく、ただ、そのフォーラムに参加していたメンバーの1人。
つまり、ハルさん自身も、いつ「メッセージを届けてもらう側」になるか分からない人物。また、でるふぃさん自身も、他の人のメッセージをどこかに投稿したりしていたかも知れないと。

…なのかなあ。

だとすると、ハルさんが投稿の冒頭で言っていた

当初から欠けたメンバーも多く、伝達が遅くなったことを
お詫び申し上げます。

という理由も分かるような気がする。

死が迫っていることを確信している人々が集まるフォーラムなんてあるのかどうか知りませんが…。
ネット人口は多いし、あってもおかしくはないだろうけど。

悲しすぎ。



仕事はしてます。原稿書きまくり。
残り時間に余裕が全然ないので、がんばって急がないとっ。
画像作るのが大変だ…。印刷したとき、どれくらいのサイズまでなら小さくしても大丈夫なのかとか、イマイチ分からんのよね…。^^;


--- 続編日記:
「忘れてくれないならせめて悲しまないで」(2006年9月18日)
→ メッセンジャー役を担ってくださったハルさんからの新しい投稿があって驚きました。


--- 関連日記:
でるふぃ(Delfy)さんは 今...(2006年8月28日)
でるふぃ さん(2005年12月7日)
mixi整備 orkut放置(^^;;;(2005年1月4日)

コメント

nikko81と申します。

今頃こんなメッセージを残すことを
お許しください。

とあるメーリングリストででるふぃさんと
コンタクトを取ることとなり、
彼女のノリのよさ、心配りの細やかさ、
そしてなにより、姿は見えなくても、
Webが楽しい世界であることを教えてくれた
とてもとても大切な人です。

わたしは今の今まで、でるふぃ姉さんが
ただ体調を崩され、Webの世界から遠ざかっていただけ、
と暢気なことを考えておりました。

毎年、お誕生日にはメールを出し、
いつかは戻ってこられると信じておりました。

…現実は受け止めねばなりません。
しかし、今になって知ったという不甲斐なさと
悲しまないでという姉さんのコメントを見ながら、
涙が止まらない自分に、苛立ちを感じています。

こうしてWebに情報を載せていただき、
ありがとうございました。

投稿者 nikko81 : 2007年05月28日 01:20

nikko81さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

でるふぃさんは、ほんとに幅広くパワフルに活躍されていましたよね。彼女にだけは1日240時間くらいあるんじゃないか?…と思うほど。(^_^;)

私もこの事実を知ったときには、涙が止まりませんでした。もう二度と話ができないということについても、こんな重大なことを誰にも明かさずにこられたということについても、悲しくてたまりませんでした。

でもその後、「忘れてくれないならせめて悲しまないで」というでるふぃさんの最後の望みを知って、悲しまないことに決めました。でるふぃさんとの楽しかった思い出だけを覚え続けて行こうと思っています。

投稿者 にしし : 2007年05月30日 01:02

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---