にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:22:51.

warningsプラグマが使えるのは、Perl 5.6以降

Perlでプログラムを書くときには、最初に次の2行を書くのが鉄則と言って良いでしょう。

use strict;
use warnings;

しかーし!

warningsプラグマ(「use warnings;」)が使えるのは、Perl 5.6以降からなんですね。
Perl 5.6がリリースされたのは2000年なので、もう6年も前です。ですから、Perl環境では、どこでも使えて当然だ………

…とは思っちゃダメなようです...。

とある会社が使ってるレンタルサーバ用にCGIを書いたんですけども、ローカル環境で実行すると問題ないのに、サーバにUPするとInternal Server Errorになるんですよね。
おかしいなー?と思ってエラーログを見てみたら...

Can't locate warnings.pm in @INC (@INC contains: /usr/lib/perl5/5.00503 .) at ~ line 3.

んぎゃーーー!

warnings.pmとか探しちゃってます。
このサーバに入ってるPerlのバージョンは、5.005なのですね…。
月額3,000円とか取る高いレンタルサーバなのに…。(^_^;)

まあ、warningsプラグマは、開発時に必要になるモノであって、実行時には消してても実害はありませんから、「use warnings;」の行だけコメントアウトすれば問題なく動きましたけどね。^^;

フリーCGIを公開するときには、warningsプラグマはコメントアウトしといた方が良さそうですね…。
プロバイダ提供スペースとか、危なそうな気が。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---